M3のリアスポイラー

リアスポイラー

愛車M3のリアスポイラーは、惨憺たる状態です。ウレタン製のスポイラーは、経年の劣化により塗装のひび割れが激しく、塗装の仕直しが必須の状態です。
1987年製の20年モノですから、車自体のヘタリも隠せませんし、このスポイラーの哀れな姿を見ていると、かつてのツーリングカー選手権の勇姿はどこへいってしまったのかと悲しくなってしまいます。
ならば、お化粧直しということになるのですが、全塗装は80万円~なので、それは無理。スポイラーのみの塗装でも5万円はかかりそうです。どうするか悩んだ末、自分で塗装することにしたのです。

バンパープライマー

今は、様々な塗装補助剤が手に入るので、やる気さえあればそこそこできそうです。塗装の状態は悪いものの、幸い凹みや大きな損傷はないのでそれほど難しい作業にはならないでしょう。まずは、カーショップ等にて材料の調達です。バンパープライマーとプラサフ(サーフェーサー)はHoltsのもの。耐水ペーパーは#180、#320、#600、#2000を東急ハンズにて購入。
現在の作業進捗は、耐水ペーパーを使って痛んだ塗装を剥がしたところまでです。あともう少し、丁寧に下地調整をしてから、プライマーとプラサフで塗装下地を作ることになるのですが、丁度梅雨入りになってしまったので、残りの作業はもう少し後になります。上手くいったら報告したいと思います。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ホビー

© 2021 建築日和ブログ