ドラフトギネス

新ドラフトギネス缶

これまで建築日和ブログに何度も登場しているギネスビール。で、私が家で飲むビールも、9割方
ドラフトギネス」。今更ですが、コクのある味わいとクリーミーな泡が絶品なのです。
先日、晩酌用にといつものリカーショップに出向いたところ、あれ?何か違う。缶が黒っぽくなっていることに気付きました。(そのお店、ドラフトギネス缶1本をなんと270円で売っているのです。)
旧タイプの缶がこちら↓

旧ドラフトギネス缶

泡をイメージさせる頂部の白い帯が無くなっているし、筆記体の赤文字は白になっています。旧タイプに比べ、より精悍さを増したデザインになっているように思います。パッキングも良くある6本パックのように、ボール紙製になっています(ただし4本パックです)。以前は缶の頭をプラスチック製のバンドのようなもので留めてあるだけでした。
味に違いは無いのでしょうが、なんとなくまろやかに感じてしまったのは、デザインが僕好みに変わったからでしょうか。たいそう気に入りました。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ドリンク

© 2021 建築日和ブログ