OMOTESANDO HILLS プレオープン

表参道ヒルズ

表参道ヒルズ アトリウム
OMOTESANDO HILLS(表参道ヒルズ)近辺に住まいをかまえる方々や、お仕事をなさっている方々へ配られるグランドオープン前のプレオープン招待状を、神宮前5丁目で美容室を営んでいる友人より譲り受けて意気揚々と行ってきました。
この日は表参道よりも、第2の参道(全長700mのスパイラルスロープのこと)の方が人が多かったのでは?っと思うほど混み合っておりました。プレオープンでこれです・・・。2/11日のグランドオープンでは入場制限されるほどの混雑が予想されますねー。
僕らの見学経路はまず最上階(地上3階)へ上がり、本館中央吹き抜けを取り囲むスパイラルスロープを最下階(地下3階)へと下っていく方法。混んでいたのでゆっくりと進み、途中道草をしながら時間的にはだいたい1時間30分って感じでした。
各店舗の入口は、そのスロープからアクセスする形になっていますので、どのお店も内装工事の苦労が窺えます。スロープにスロープがいっぱい重なっているエントランスや、やけに高いステップ(蹴上げ)で上がり難そうな設えだったりと、しておりました。各店舗入口足下の写真だけを撮りためても面白かったかも知れません。
表参道ヒルズに来た理由の1つに、見たかったお店がテナントとして入っていましたので、そこまで辿り着くスローなペースも嫌気なく楽しめましたが、目的のお店は最下階にあるのです。BEYESamadanaDELFONICSです。
なんとそれらのお店の対面にとても気の利いた施設がありました。

表参道ヒルズ 喫煙室
ただの喫煙室なんですけどねっ・・・。なんか妙に嬉しい位置に配置されており、癒される配慮にやられました。上の階からずーっと地下階まで長いスロープで降りてくると、まさにこの場所がうってつけ。
スポンサーがマルボロなのだと思いますが、マルボロだけの自販機にマルボロ壁紙、マルボロのシンボルマーク形状の灰皿と宣伝効果はバッチリでした。

表参道ヒルズ ライトアップアトリウム
夕方、陽が沈んでくると、吹き抜けアトリウムに面しているスパイラルスロープの垂れ壁部分に、ケヤキ並木の影絵が映し出されます。とても幻想的な空間で、表参道のケヤキ並木が建物を透けて映り込んできているようなイメージを受けます。
あくまでも建築屋的な発想ですが・・、素晴らしい建築を生み出したクリエイターの周りには、同じぐらい素晴らしい才を持つクリエイターが力を発揮してくれるのだなぁと感じさせてくれた施設でした。。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-アーキテクツ

© 2021 建築日和ブログ