アラジンの石油ストーブ

アラジンブルーフレーム石油ストーブ シリーズ39 アイボリー

アラジンブルーフレーム石油ストーブ シリーズ39 アイボリーっていいます。
前のエントリーで僕の実家は暖房器具マニアだって言ってしまいましたが、僕も人のことは言えません。エアコンにガスファンヒーター、オイルヒーターにこの石油ストーブとで計4種類。60m2の2LDKでは少し多すぎの暖房器具比率だと思いますが、僕の場合はちゃんと使い分けてます。
アラジンの石油ストーブ、10年前から使っているので、すでにアンティークな雰囲気になっています。しかしながら、灯油を入れる作業が面倒くさくなってしまい最近ご無沙汰だったのです。
改めて使い始めた訳は、こちらのブログを見だしてから。
外食なしというご夫婦のフード系ブログなのですが、全品とっても美味しそうで、しかも湯気の立っている写真がとても綺麗でゴージャスなのです。
で、ある記事の内容の一部に「空いたストーブの上にジャガイモをかけておきます」っという表現がなされており、僕もストーブ、使わない手はないかな?っと思っての事でした。
アラジンの石油ストーブ、やはりデザイン性に機能性、とても優れております。煮込む時やお湯を沸かす時に排熱を利用してほっとける点、便利。
時間も、何かをしながらの補助的利用ですむので、アッというまに目的が達成され、時間短縮に貢献って感じ。ある意味、省エネです。
久しぶりに使い始めてこのストーブの良さを実感していますが、タンク容量が小さいだけに灯油の減りが早いのが唯一の弱点かなぁ。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-インテリア

© 2021 建築日和ブログ