百飲(ひゃくいん)

百飲1

百飲2

行ってきました。スゴイ店です。ここは、秋葉原駅の昭和通り口を出てすぐ、神田平河町にある「百飲」というスタンディングバー。ネットで立ち飲み屋を検索していて見付けたお店です。
最近増えている立ち飲み屋、年配のお父さん方が若い頃には沢山あったのでしょうが、一時廃れて今再び復活なのです。お店の名前もなかなか考えられています。
この店、名前の通り100円で酒が飲めるのです。つまみもオール100円。ネットで情報を得てからは、どんな店なのか気になって、丁度秋葉原に用事があったので調査してきました。

百飲3

きっと混んでいるんじゃないかなと思い、開店直後(16時過ぎ)にお店に行きました。勝手が分からないので、ちょっと様子見。他のお客さん(この時間で既にお客さんがいました)の動きを観察して、同じようにトレーにつまみを載せてレジへ。レジで会計をするのですが、この時お酒を注文します。ビールのジョッキ(小)が唯一200円で、その他はグラスビール、日本酒(1合)、酎ハイ、ウィスキー等々全て100円。100円均一のショップは今や当たり前ですが、飲み屋で100均とは・・・スゴイです。

百飲4

私たちがこの日頼んだものは、
飲み物が
黒ビール(ジョッキ)3杯 200円×3
黒ビール(グラス)2杯  100円×2
バーボンのソーダ割 1杯 100円×1
スコッチのソーダ割り 1杯100円×1
つまみは、マグロぶつ、タコぶつ、厚焼き玉子、カレイの煮付け、しらすおろし、ナムル、おでん(2種:大根とがんも)の計7品で800円。(おでんは1種類100円)
2人で合計1800円。なんですか、これは。目茶苦茶安いです。
100円だからといって、料理に手抜きは無いですし、品数も20品以上あって、選ぶのも楽しいです。他には、焼き豚、鯖のみそ煮、フランクフルト、うるめいわし、ポテトサラダ、冷や奴、枝豆、柿の種等々、ショーケースやレジカウンター横に並べられています。つまみのお品書きはありません。
16時開店といっても、仕事を早めに切り上げたお父さん方が集まってきて、30分もすると店内が混んできます。立ち飲みですから、暗黙のルールがあるようで、カウンター上に器を並べてスペースを占有しないように、空いた器は直ぐに下げるみたいです。皆さんせっせと片付けていました。こんな動きも何か滑稽で、そしてみんな楽しそうでした。
営業は16時から22時(土日祝が休み)、混んできたら2時間以内のご利用をお願いします。と書いてありました。が、さすがに立ち飲みなので、1時間から1時間半もいれば疲れてくるし、立って飲んでいると酔いも早いみたいです。1人で来て30分程で出ていく人や何人かで来て奢り合ったり、いろいろです。この日は女性の姿が少ないようでした。

百飲5

私たちは1時間半ほどいましたが、帰る頃(といってもまだ17時半)には大分混んできて、30人程になっていました。ただ、回転は速いので、少人数であればいつでも入る隙間はあると思います。
どうしてこんな値段で商売が出来るのか不思議に思いながら、そしてこういうお店が事務所の近くにもできて欲しいと願いつつ、お店を後にしたのでした。週に一度は顔を出してみたい気がします。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ショップ

© 2022 建築日和ブログ