鳩森八幡宮

事務所の近くにある鳩森神社、正しくは「鳩森八幡宮」。ここには能の舞台と「富士山」があります。「富士山」と言っても,神社やお寺の境内に築かれた人工の山で、富士山信仰「富士講」の遺跡とでも言うべき「富士塚」のことです。頂上近くを富士山の熔岩(黒ばく)で覆い、要所要所に丸石を配置、さらに土の露出している部分には熊笹が植えられているという、基本様式に則った「富士塚」なのです。
昭和58年に東京都指定有形民俗文化財に指定されたここの富士塚は、東京都内に現存するものではもっとも古く、江戸中期以降、江戸市中を中心に広く庶民の間で信仰されていた富士信仰の在り方を理解する上で貴重な資料なのだそうです。「富士塚」は他にも都区内だけで60近くが現存するようです。探してみるのも楽しいかもしれませんね。
そう言えば、鳩森八幡宮にはたこ焼きの屋台がありますが、やっているところを見たことがありません。是非一度食べてみたいなぁ。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-アーキテクツ

© 2022 建築日和ブログ