事務所移転


〈旧事務所は“新国立競技場”から徒歩3分の位置だった〉

2021年1月9日のこと。
長い間、通い慣れた街から“仕事場”の引っ越しをした。2005年から通い始めたので、もうかれこれ16年は東京の『千駄ヶ谷』と云う街にいたことになる。
千駄ヶ谷は、ハイソな住宅が建ち並ぶ他は、特に服飾系の会社とデザイン系の会社が多く目立つ街だった。
飲食のお店も、それらに合わせたようなお洒落なお店が目白押しで、楽しくて愉快でとても素敵な街だった。

そんな街から、出ていかなくてはならなくなった経緯は、入居していたマンションの『老朽化による建て替え』が大きな理由でした。ボクらの仕事場も、雨漏りが実はスゴかった。苦笑
そして2020年の3月。予期せぬ退去願いが出されてしまったものだから、去年は新型コロナウイルスの感染拡大と併せて、それはそれは大変に忙しい年でした…。


〈右下の12階建てのビルが新しい仕事場〉

さて、新しい仕事場の話。
今度の事務所はさらなる利便性を求めて、駅近物件を探しました。JR新宿駅からは徒歩7分、JR代々木駅からでは徒歩3分ととても便利な位置にあるマンションの一室となりました。
目の前には道路幅員の広い明治通りが走り、バルコニー越しに見える風景は前のところよりも空が広い。
隣のビルには調理で有名な専門学校が建ち並び、近くには興味の惹かれる呑み屋街が幾つもあって、一日中いても飽きない東急ハンズがあることが何よりもまずい状況だったりします。


〈引っ越しはパンダマークの“サカイ引越センター”に頼んだ〉

そんな新しい仕事場への『引っ越し』は、とても面倒くさくて大変だったのだけれども、16年分の“断捨離”ができたことは本当に良かったことと思った。
もうね…机の引き出しの中や書棚や物置の中も、よくよくみたらゴミだらけ。今はもう必要の無いものだらけでまいっちんぐ。よくぞ16年も大切にこんなのを取っておいたものだと我ながら呆れ返る程だった。


〈“ぎょうざの満洲”で引っ越しそば〉

2021年1月9日の土曜日。無事に引っ越しを終えて安堵する。
気がかりだった通信関係の接続やインフラも難なくクリアし、この日のビールは最高に美味しいものとなりました♪ ただこのコロナ禍ですから、仕事の相方bonzとまだ一緒に乾杯できていないのが残念極まりありません…。

-オフィスエントリー

© 2021 建築日和ブログ