鎌原観音堂にて

念仏講
ちょっと仕事の一環として北軽井沢に訪れてきた。
相手方に打合せや現場の視察などのスケジュールを調整してもらい、午前中は浅間山の大噴火によって犠牲になった方々を弔う、鎌原村で行う祈祷の場(念仏講)に参加させてもらう機会を得た。昔ながらのしきたりにのっとったリズミカルな祈りの言葉(浅間山噴火大和讃)が、しかられるかも知れないがとても耳に心地良かった。
タイミングよく参加することができて本当に良かったと思っている。そして、その念仏講の合間に食する天ぷらやうどんのあまりの美味しさに目が点になった。マイタケの旨いこと旨いことこの上ない。塩で味付けしたイモの天ぷらも言葉が出ないくらい、旨い。失礼かも知れないが、まさかここでこんなに美味しいものに出くわすとは思ってもいなかった。こうした意味も含めて、タイミングよく参加することができて本当に良かったと思っている。
念仏講での食事

-イベント

© 2021 建築日和ブログ