福井の旅〈ボルガライス編〉

武生ヨコガワ分店のボルガライス

およそ一年半前にリスペクトブログから「ボルガライス」の存在を知り、毎日食べたくて食べたくて仕方がなかったボルガライス。寝ても覚めてもボルガライス。そのボルガライスを東京で散々探したんだけれど、とうとう純血のボルガライスにはありつけることができませんでした。

それほどまでに愛してやまないボルガライスを、突然に、しかも本場である武生・ヨコガワ分店のボルガライス(930円)をこの福井の旅で食べられる時が訪るだなんて、最高でありました。

武生ヨコガワ分店サムネイル
さて、福井県発祥のボルガライスなるその料理は、オムライスの上にトンカツが乗っているだけの非常にシンプルなものなんだけれど、何故か東京には無いんである。ヨメさんに頼めば作ってくれるのは分かるんだけれど、ここはどうしても写真のような洋食屋さんの本格的なボルガライスが食べたかったんです。
で、まさかこの旅でこんな機会が訪れるだなんて思ってもみなかったんで、感極まって泣きました。もちろん嘘ですが、それほどまでにボルガライスを待ち焦がれてたのです。
それでお味、濃い味のオムライスと衣サクサクのとんかつが見事にマッチしていて、これがもう旨えのなんの!それみたことか!まったく当たりだった。何で大盛りにしなかったのかと後で悔やんで仕方がない。その日の夜の宴がなかったら、間違いなくお代わりをしていたはずだった。ああ愛しのボルガライス、また会いに(食べに)すぐにでも行きたいほど。
さ、次は〆として福井の旅〈本編〉を記録する。

-フード

© 2021 建築日和ブログ