紫陽花

梅雨の時季に目を楽しませてくれる「紫陽花」。青や紫、赤など微妙な色合いの花(?)が満開です。
以前、土が酸性かアルカリ性かでアジサイの色が変わるという話を聞いたことがありますが、今日見たアジサイは同じ所に植えられているのに、色の違うものがありました。また、白いアジサイは何で?と疑問が湧きます。
ということで、今日は「アジサイ」のお話。
先ほど満開と言った「花」は、実は「がく」という花を包む部分のことで、本当の花は中央にある小さなポッチです。アジサイの色素は1つだけで、吸収される「アルミニウムイオン」の量と遺伝的要因(品種)で色が決まるようです。日本の土は酸性が多いので、アルミニウムイオンが解けやすく、吸収される量が多くなって青系アジサイが多いのだそうです。ということは、赤いアジサイはレア物ですか? そうそう、白いアジサイは何をしても色は変化しないみたいですよ。
ところで、北鎌倉の「明月院」ご存じですか?あそこ、「紫陽花寺」って呼ばれてますね。まだまだ梅雨は続きますが、皆さんもアジサイの観察などで楽しく乗り切ってください。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-シーン

© 2021 建築日和ブログ