キャンプミーティング

鳥臣やきとりアラカルト

イベント事のキャンプの前は、よくキャンプミーティングなるものをやります。

前年同様今年のお盆のキャンプも、アクティビティの山歩きと併せたもので、
山梨県は北杜市のあたりで避暑してくる予定になっている。
お料理大好きなメンバーがいるから、ごはんに関してはいつもおまかせして、
片手うちわでビールを呑めると云う贅沢なグルメキャンプを楽しめるの、
いつも毎年このお盆のキャンプになっているのであるが、
今年のキャンプ地として決定しているところは、全てのゴミが持ち帰りとなる。
呑んだビールの空き缶もワインの空瓶も何もかも持って帰るのが決まりごと。
それで今回の一番のネックになるのが生ゴミの問題。避暑地でも暑いことは暑い。
ましてや生ゴミも持ち帰りとなると、いかにしてゴミを出さないようにするか!
今回のキャンミーの議題はそれに尽きました。
肉はパックから出してラップして凍らせて、嵩ばる梱包材は事前に処理などして、
ちょっと工夫しなけりゃならないねと云うことになる。
でもコレって、山登りをやっている方々にはとても普通で日常的なこと。
さらに、食べ物を盛り付けたお皿や注ぎ入れたカップだって、
使い終わった食器類は片っ端らからすぐに拭いてゆく。
みなもう徹底してあまり洗わない。鍋もコッヘルも同じことだったりします。
こうした合理的なアウトドアのスタイルは、山に接すると身近になるから素敵です。
なので今回のお盆のキャンプのテーマは「あまり洗わない」ことに相成りました。
と、さっさと打合せ30分して、夏バテ予防にガッツリといただきました。
お馴染みの西日暮里やきとり鳥臣の焼き鳥をがっつき、ビールで喉に流し込む。
涼をえられるはずの打ち水効果まるで無しの弱い雨降りのジメジメな日には、
焼き鳥とビールが良く似合う。この夏、このパターン何回することやら。笑

-シーン

© 2022 建築日和ブログ