手作りビール その1

10年ほど前、地ビールブームがありました。その後はワイン、焼酎と移り変わり、ビールのことなど忘れられてしまった感があります。
かつて数回作った自家製ビールを今一度復活させ、お世話になった人達を「手作りビール」で持て成そうと考えました。

これが手作りビールキットです。10年前に購入したものに、当時は無かった便利な道具を追加しています。
ビール作りの手順は、①モルトエキスに水、砂糖を加え煮る ②水を加え適当な濃度と温度の原液を作る ③ビール酵母を振りかける ④1次発酵させる ⑤瓶詰 ⑥2次発酵 という具合です。

①の工程です。焦がさないように、中火で5分程煮ます。モルトエキスはタールのような感じです。甘い、良い香りがします。今回使ったモルトエキスはビタータイプのダークビールの素です。


ポリ容器に水と煮込んだ原液を加え、温度を18度から26度に調整します。今回はミネラルウォーターを使ったので、冷水を14L(ペットボトル7本)を用意しておきました。液温は低めに設定し、お湯を追加しながら温度調整するのが良いと思います。ビール作りにおいて重要なファクターの1つが温度です。低過ぎると発酵が進まず、高過ぎるとビールの味が悪くなります。今日は、ちょっと苦労しながらも22度で決まりました。後はドライイーストを振り掛けて完了です。

今日から1週間から10日が1次発酵の期間です。温度に注意しながら時を待ちます。容器の蓋に付いているのは、エアーロックと呼ばれるガス抜き装置で、容器の外から空気に混じって雑菌が入らないように封水します。
1次発酵は溶液中の糖分を、ビール酵母がアルコールと二酸化炭素に分解する現象です。この時発生する二酸化炭素は全て捨てます。ビールの泡立ちは2次発酵の時に付加するのですね。
それと、日本では自家製でアルコール濃度1%以上のビールを作ると罰せられます。んでもって、今作っているビールもそういうことです。また、ビール作りは、勿論仕事が終わってからやりました。
タ・ノ・シ・ミ・です!

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ホビー

© 2021 建築日和ブログ