手もみらーめん十八番

手もみらーめん十八番の「特製十八番ラーメン」

所用を済ませ、腕時計を見ると12:30分。腹時計ではアラームが鳴りっぱなし。
じゃ、てことで以前一度行ったことがある埼玉久喜の大盛りの蕎麦屋を目指した。
外まで溢れている待ち人の行列を横目にスルーする。お腹の中をモード変換し、
急ぎラーメンへ器を変えた。店外で15分待ち、店内で15分待つ。大当たり~!
写真のこれは「特製十八番ラーメン」700円。これと違わぬ、しょう油ラーメンが、
500円。特製十八番の豚バラ肉が旨かった。けれども普通のしょう油が500円。
ぴりっと黒こしょうが利いたうま旨いラーメンが安くて好感触。マスターも好印象。
久喜で当たりなラーメン屋を見つけた! 手もみらーめん十八番。ご馳走さま。

-フード

© 2021 建築日和ブログ