日々のこと

折り鶴

電車の中のボクの目の前の女性が、宮部みゆきの蒲生邸事件を読んでた。
ボクも以前に読んでおり、物語の終わり方が非常に良かったことを覚えてる。
で「お!」て思わず言っちゃって、じろりと睨まれた(汗、汗、汗)のであるが、
ボクは外出先で本を読むときは、絶対にカバーしたものじゃないと読めない。
何を読んでいるのかを他人に知られるのが意外と恥ずかしいからであります。
単行本サイズに文庫本サイズ、それに新書本サイズやその他特殊サイズも、
各々のブックカバーを特注で揃えたほど本にカバーしたいタイプなのです。
どうどうとカバー無しで文庫本を読んでいた若い女性、格好良かったよなぁ。

-シーン

© 2022 建築日和ブログ