千駄木すずらん通り

知り合いを連れ立って酒場へ案内するときは、
いつも僕は谷中、千駄木界隈へお連れする。
心休まるお店がこの周辺に沢山あるからであるが、
ほぼ100%と云って良いほど連れからは喜ばれる。
この日はある戦いを終えてきたばかりの知人を労い、
舌鼓してしまうスパゲッチィーを数種類堪能し、
演歌が聞こえて来そうな小路にあるお店に移動し、
記憶が飛ぶほど酒を楽しんだ。勿論帰りは千鳥足。
最近は吊革につかまり寝るという芸当を身につけた。

-シーン

© 2022 建築日和ブログ