かみがみのいただき

7/20の日曜日、夕方に外出する予定があったため、テレビを見ながら身支度を始めた。
たまたま何気なく見始めたチャンネルが、日本テレビの4チャンネルでした。
丁度3時から、三浦雄一郎さんのエベレスト登山の特番が放映されていて、釘付けになった。
タイミング良く読み始めていた本があり、内容がエベレスト登山に関するものであった。
山岳小説では言わずと知れている夢枕獏さんの「神々の山嶺」の上巻を残りわずかな所。
三浦雄一郎さんの登山の様子のおかげで、リアルに山々の形状や情景が頭に入ってきた。
美しく綺麗だけど過酷な風景が目に焼き付いているうちに、下巻も一気に読み終えた。
やっぱり僕は、こういう男臭くてロマンがある山岳小説が大好きだ!
リアリティがありすぎて、フィクションだということを忘れるほど感動した本でした。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ブック

© 2021 建築日和ブログ