吾輩ハ猫デアル

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生まれたか頓と見當がつかぬ。―――そう、あの有名な夏目漱石の古書である。
復刻版らしいのですが、それでも今からもう25年も前の本らしい。
僕はこんなに素敵な本は初めて目にしました。厚紙のカバーやセロハンカバー、背表紙や表紙や裏表紙の飾り付け。本の小口に処理を施さずそのままの切れっぱなしにしているところなど、素晴らしすぎてこれらの本にうっとりしてしまいました。
これ、どうするのかと申しますと、先日記事にしたキャッシャーデスクに設けられているニッチにディスプレイするのだそうだ。
お客さんからは、持っている古書を飾りたいのでニッチをつくって欲しいとの要望を受けていたのですが、まさかこんなにも素敵な古書を飾るのだとは考えてもいなかった。
今回のお客さんは持ち込んでくるアイテムの一つ一つが本当に素晴らしく、うかつにも格好いいですね~と云う言葉を連発してしまっている。
コレデマスマスオ店ノ完成ガ楽シミデアル。。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-アーキテクツ

© 2021 建築日和ブログ