きよしこ

とても良い本を読んだ。きよしこ
純真だった頃の少年時代を、なんとなく思い出してしまった。僕は主人公の少年ほどではないけれど、小学生時代に1回、そして中学生時代に1回の転校を経験している。
幸いにも僕はどこの学校でもクラスの仲間とすぐに打ち解けたけれど、この本を読んでしまうと、それもたまたま運が良かっただけだったのかなとも考えてしまう。
ナイーブだったから、それがどんなに些細な事でも少年時代では大事になってしまうものなのですよね。。
主人公の少年が大きなハンディキャップを抱えながら、何度も試練を乗り越えて成長していくさまが良かった。
時間があれば、また読み返したくなる本でした。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ブック

© 2021 建築日和ブログ