最悪

大風邪引いてぶっ倒れて、熱やのどや鼻水やせきの症状がひどく最悪なときに、本を読んで過ごしていた。
皮肉にも「最悪」という名の本。奥田英朗さんの本である。
先輩に薦められて読み始めた本でしたが、これによって風邪の治りが長引いてしまったことは、否めない事実。
それはさておき、こんなに不幸で最悪な人生を過ごしてきた三人の主人公を思うと、風邪でダウンして元気がなくなっている自分がちゃんちゃら可笑しくなってくる。
特に主人公の一人の中年のおじさん編にはめちゃくちゃ肩入れして読んでしまったなぁ。
M先輩、面白い本を紹介してくれてありがとう。またよろしくね。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.

-ブック

© 2021 建築日和ブログ