建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< 銭湯 燕湯 | main | 鎌原観音堂にて >>
池波正太郎の、男の作法
池波正太郎の「男の作法」

たしか・・・20代の後半だったか30代の前半だったかと記憶していますが、
そんな昔にこの本を一度読んだことがありました。
でもその頃のボクはまだまだ食べもので云えば「質より量」のときでした。
この本の本質はボクは、「男の質」についての池波流の哲学本だと思ってるので、
そんな時代に読んでもまったくピンと来なかった。内容、覚えていないんです。
で あれから随分と時が経ち、多少は「質」についての理解が深まってきたこの歳に、
もう一度読んでみようかな、と思ったのです。
でもよくこの本の存在を思い出したものです。そこは自分でも驚いている。~_~;

さて、すっかり中年となった今、再び読み返してみてどうだったか。
まだボクの年齢では中途半端なのかしら。半分 分かって半分 分からない。
でも質の本質はだんだんと分かってきているようでは、ある。
それで、ちょっと興味深かったのは建築についても池波流のこだわりがあって、
そこがなかなか印象深かった。
自邸の設計を頼んだ建築家・辰野清隆氏を見つけた経緯や、引き戸のこだわり。
エッセイだからかいつまんで紹介したにすぎないが、改めて脳裏に焼き付いた。
男の作法、またもう少し先になったら再び読んでみようと思っている。
| ブック | 10:33 | comments(2) | -
コメント
食卓の情景から、、、
ハマり、剣客商売やら真田太平記やら
読み漁りまくりんぐなんです。
池波正太郎の、その昭和なガンコ者な
生き方が大好きですよ。
| 御存知 | 2015/04/25 1:20 PM |
御存知さん。

なんと!そんなところに同志がいたとは!(^―^)
ボクも池波正太郎が大好きで、色んなものを読みまくってきたタイプです。
特にボクは忍者モノが何ともたまらなくて、かなり読み漁りました。
真田太平記のお江、そして作者が違うが用心棒日月抄の佐知など最高です。
話が逸れましたが、そんな彼らのエッセイ集を読むのもこれまた楽しい。
作者がきまってガンコ一徹なのも、作品の魅力につながりますものね。笑
| bebe | 2015/04/25 11:36 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE