建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< 白、赤、ロゼ | main | 20年ぶり >>
くろがね小屋山歩
くろがね小屋浴室
いや〜も〜~_~; この小屋の温泉、最高にい〜い湯でした♪

当初、山仲間の湯グルメ草さん(もう何が何だか・・・~_~; 草しかあってないし)を筆頭に、大勢でくろがね小屋の温泉を楽しみに、そして雪の安達太良山を歩きに行こう!と云う運びになっており、山の仲間総勢8名がくろがね高原スキー場の駐車場に集合したんだけれども、ものすっごい暴風で荒れ模様。山頂も雲の中で、我々のプランにも直ぐに暗雲が立ちこめる。目の前に見えるロッジのトイレにゆくのもままならない状態でした。

くろがね小屋付近

この日考えていた山歩きのコースは、あだたら高原スキー場からゴンドラリフト(あだたらエクスプレス ※実は後日調べるとゴンドラは「冬期運行休止中」とのことで、ここで記すルートは想定)に乗ってリフトトップへ。そして表登山口分岐を経由して安達太良山の山頂へとゆき、峰の辻からくろがね小屋までが1日目の行程。2日目はくろがね小屋から勢至平分岐を経由してあだたら高原スキー場へ戻ると云う山行内容を考えてた。けれども強風と視界不良による悪天候によってリフトがストップしていると云うアナウンスを聞き、とりあえず山行プランの逆回りで歩き始めることになった。先ずは標高1350mの温泉の地、くろがね小屋を目指すことになったんです。安達太良山の山頂は、ひとまず翌日におあずけです。楽しみはあとに取っておくこととした。

くろがね小屋

さて、くろがね小屋へどんどん進むに連れて吹雪がさらにひどくなる。トレースだって強風と雪で消えちゃうんだもの、1日目はくろがね小屋までね。と云うCL(矢車草さん)の判断が正しかった。そしてこうなると早々に1日目の山歩きを終了した我々は、はやばやとくろがね小屋にてリラックスモードへスイッチを切り換えた。
10:30分にスキー場を出発し、くろがね小屋には13:40分に到着。お昼ごはんを各自小屋で食べて、温泉に入って15時前にはもう呑み始めていた。温泉のあとに呑んだキンキンに冷えたビールの旨いことと云ったらもう他に形容しがたい。

くろがね小屋のカレー

17:30分には名物のカレーライスの晩ごはんにありつけるので、もう一回空いている頃を見計らいひとっ風呂浴びて汗を流しておいた。カレーは濃厚で美味しくって2杯お代わりし少し後悔する。お腹いっぱいでなかなかその場から動けなかったほどでした。(´ー`) そして18:00分には部屋に戻り、みんなで再び呑み始めた。この日の呑兵衛たちは、冒頭に出てきた矢車草さんのところの二人の他、みっちゃん山うさぎさんまつおの母の面々。いつもの通り楽しくわいわいがやがややって、就寝時間の21:00分までは各自思い思いに温泉に入ったりして有意義な小屋の時間を満喫する。1階にある、たった一台のダルマストーブの効果なのか、小屋の中も寒くはなかった。火力の強い石炭ストーブのおかげだったからなのかも知れません。

くろがね小屋のダルマストーブ

翌朝は06:00分に起床。ボクは全く寒くなく、途中一度も目が覚めなかった。久しぶりによく寝た感じを味わえた。なんてったって9時間睡眠だもの、あたりまえ。寝具は敷き布団の他は毛布が二枚と枕のみ。ただ壁際などの場所によっては寒いところもあったようなので、やっぱりしっかりした防寒着は必要かしら。
朝食は06:30分から。これまたシンプルで美味しかったので、ご飯は大盛り2杯をお代わりし綺麗に平らげる。そしてお湯をサーモスにもらって紅茶にしたりして、のんびりと出発の準備を整える。
ところがだ。安達太良山の山頂はせっかく翌日の楽しみにとっておいたのに、小屋の窓からのぞく外は真っ白でな〜んにも見えない。(ー ー;) 風も引き続き前日からの暴風のまんま。なのでこの日もCLの判断で、無理せずにゆっくり来た道を引き返し、岳温泉にある食事処成駒のソースカツ丼を食べて帰ろうと云う。まったくナイス判断とグルメな思いつきである。因みに成駒ではモンベルカードの提示で温泉卵をサービスしてくれます♪

くろがね小屋からの登山道

さて、こうして安達太良山の山歩きはまた今度のお楽しみにとなったので、今回はくろがね温泉小屋までの山行の記録となりました。最後まで強風のままでしたが、下りの途中で青空が戻ってきてくれたのには何よりも嬉しかった。そんな、1/31〜2/1の話でした。

| トレッキング | 22:57 | comments(6) | -
コメント
bebeさん こんにちは。 なんとタイムリーなレポなんでしょう。金〜土曜日で安達太良山の予定なんです。でもね強風みたいで行き先を変えようか悩んでいるところでした。ところでbebe隊は全員スノシューだったのでしょうか?私と相方は“わかん”しか持っていなくてちょっと不安なんです。スキー場でスノーシューのレンタルあるみたいなんですけど、なにぶんお高い(涙)。あとスキー場トップから時計まわりと、くろがね小屋経由の反時計回りどちらがお薦めなんでしょう。“成駒のソースかつ丼”私もチェックしてました。レポないのかな?ではまた。
| もも | 2015/02/02 11:37 PM |
あら、bebeさんとこでも吹雪く事があるんですね、なんてね(^^)
またおいで、って事なんでしょうけどね〜
温泉が最高なので悪天候でも十分楽しめるのがここの良い所ですかね?
しかし。湯グルメ草ネーミング。どんどん変わる。朝から笑った〜(^o^)
| cyu2 | 2015/02/03 8:12 AM |
ももさん。

安達太良山の「くろがね小屋」。温泉がも〜♪最高でした。いい湯♪
是非ともあの素晴らしさを体験してきてもらいたいところですが、
ボクらが歩いてきたコースが初級者コースと云っても、
やっぱり雪の山歩きは油断大敵だなと云うのが正直な感想でした。
この日、スゴイ強風によってトレースが消えていましたし、
吹雪による視界不良なため、前方にあるはずの赤テープが見えない!
なので悪天候のときはどんな雪山でもそうですが、
初級者コースと云えどもコースを熟知していないと危険だと思う。
終始お天気ならばそんな不安要素など要らないんですけれどね。~_~;
その辺の判断などお間違いの無いようにご注意下さいまし。

因みにボクらふーふもワカンしか持っていないので、
今回の山行はワカンで行きましたよ。
この日の山の状態ではワカンでもまったく大丈夫でしたけれども、
これもやっぱりその時の雪山の状態によりけりなので、
最終的にはご自身で、現地で、最適な判断をしてみてくださいね。
スノーシューの仲間を見ていても、同じくらい潜ってましたから、
急登どきの利点以外は、ほとんどワカンと大差無しとも思えます。
あくまでもご参考にしてみてくださいまし。

それから、山歩きのコースは冬期運行休止中のゴンドラのこともあるので、
スキー場から反時計回りのくろがね小屋経由が良いのでは?と思いますが、
実際ボクは今回安達太良山を経由してぐるりっぷして歩いていないので、
ちょっと今回オススメが云えません。~_~;スミマセヌ。
ただ!成駒の!ソースカツ丼だけは声を大にしてオススメできる♪笑
| bebe | 2015/02/03 8:20 AM |
cyu2さん。

おっしゃる通り、温泉が最高なので悪天候なんてなんのその。
いやしかしホントにビックリしました!いいお湯すぎて♪
ボクは温泉についてそんなにたくさん語れませんが、
くろがね温泉小屋がもうすっかり3本の指にランクインです(^―^)

山は・・・~_~; 残念でした〜。
あそこまで行っていたので、是非とも登りたかったんですがね。
でもま、これで再来する理由も明確になったわけなので、
もう一回、雪のある残雪どきにでも行ってきたいと思ってます。
| bebe | 2015/02/03 12:26 PM |
こんばんは〜(^o^)/

画像沢山いいの撮れてましたね!画像が良かったのでスムーズにレポを書く事ができました。ありがとうございました。

美味しい燻製数種もご馳走さまでした。今でもあの美味しい香りが鼻に残っているようです。けいこさんにも沢山マッツンと遊んで頂いたり、帰りにワカンの正しい位置を教えて頂いたり…今度ワカンをつける時は教わったように着けてみますね。何かと間抜けなまつお母ですがまたお山でお会いする時はよろしくお願いいたします(*^^*)
| まつおの母 | 2015/02/03 11:43 PM |
まつおの母さん。

安達太良山・くろがね小屋山行、おつかれさまでした。
雪山歩き、温泉、ごはん、呑み、つまみ、談笑、そしてまた温泉と。
今回は悪天候で山の上には行けなかったけれど、あれはあれで、
とても充実した内容の雪山山行だったように感じます。
CLの引率&段取りが良かったのかしら。助かりましたね!(^―^)

さて今度はどこかそちらの山などで会えたら面白いです。
例えば高原山、例えば奥久慈男体山、例えば筑波山などなど。笑
こちらこそ楽しかったです。どうもありがとうございました。
| bebe | 2015/02/04 2:04 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE