建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< ガス缶詰め替え器具 | main | 日々のこと >>
帝釈山と田代山と沼田街道山歩
田代山湿原

先ずは10月11日のこと。檜枝岐のアルザ尾瀬の郷(温泉)の駐車場に仲間と朝8時集合のため、4時に自宅を出発して東北自動車道の西那須野塩原ICを降りてひたすら下道の国道352号線をひた走った。
ん〜長い(>_<)!とにかく下道が長い。まぁそこは楽しい山歩きのために我慢我慢である。アルザの湯の反対側にある施設のトイレがウォシュレットだった。覚えておこう。
さて、体育の日の三連休初日は、朝一番から帝釈山と田代山(湿原)を山歩きしてきた。
帝釈山の登山口は馬坂峠にあるため、燧の湯の辺りから14kmもの川俣檜枝岐林道を30分間ダダダダっと走る。ほとんど砂利道でたまにダート道。馬坂峠の駐車場は20台程度が駐められ、綺麗なトイレがあった。
各々用を済ませて登山口に整列し、とりあえず帝釈山の頂を目指す。今回の山歩きの同行者はボクらには毎度お馴染みの矢車草さんのところのお二人と。一緒に四人で歩いてきた。お互いの近況を話ながら歩いたんで、山頂までの登りはあっという間の出来事。帝釈山、標高は2059.6m。山頂は展望が良いのでぐるりと景色を楽しみながらしばし小休止。

田代山湿原

一息つけたら次は田代山へ向かいます。下って登ってを何回か繰りかえしたら、そこへもあっという間に到着。田代山避難小屋の隣には綺麗なトイレ棟があるので便所を借りようかと思ったけれど、靴を脱ぐのが面倒だったので我慢した。土足厳禁だったんです。~_~;
そして左へ、開けた方向へ進むとそこはもう田代山と湿原。田代山の山頂へは行けないようなので、木道が整備された田代山湿原をぐるりと反時計回りに歩いて走ってスキップして美しい景色を一同で満喫する。ちょっと終わりかけだったけれど、草紅葉がとても綺麗でした。田代山湿原の木道の山歩みち。小さいけれど趣があってなかなかのもの。十分に楽しめました。

田代山湿原でお昼ごはん中

木道を歩き終わったら、今度は腰を下ろせるスペースを見つけて大休止。矢グルメ草さんのザックの中から美味しいお弁当がたっぷりと出てきた。むかごのおにぎりに鶏の唐揚げに卵焼き。人数分をボッカしてくれて相当重かったろうに。大感謝だ♪ なのでサブメニューとしてボクは宝の麩のお吸い物と皮ごと食べられるブドウ(シャインマスカット)を持っていった。

むかごおにぎりと唐揚げと卵焼きとぶどうとお吸い物

それらを台の上に広げてみると、これがかなりゴージャスなお昼ごはんに早変わり。青空と湿原と山脈を見ながら食べたお昼ごはんの美味しかったことと云ったらもう、なかなか形容しがたい。とりあえず、ボクはむかごのおにぎりが超好み。むかごが何とも美味でした。
田代山からの帰りはピストンで、車を駐めてある帝釈山の登山口へ向かいます。この日、土曜日はものすごく良い天気。なのでビールが待っている!みんな帰りは早いこと早いこと(笑)。往復5時間の山歩きがとても短く感じられました。
さ、そして連休中の定宿、バンガロー&キャンプからまつへ向かい、ちゃっちゃっとテントとタープを設営してキンキンに冷えたビールでこの日の山歩きの反省会。

帝釈山の標識



沼田街道山歩

次は10月12日のこと。6時に起床しテントを出ると、意外と寒くてびっくりする。冬の訪れはもうすぐそこまで来ているようです。とても恵まれている環境下にいることを実感しながら、KARAMA2のオリジナルドリップコーヒーを飲んでカラダを温める。そして程良くカラダが目覚めてきたら、今度は朝めしの支度に取りかかる。しっかり食べてこの日の山歩きに備えるのだ。この日は沼田街道を軽く山歩きしてきた。
先ず車二台でキャンプ場を出発。一台は帰りのために七入駐車場(無料)に駐車して、もう一台に四人で乗り込み今度は御池駐車場(有料)へ向かう。そしたら今度は一同バスに乗って沼山峠まで移動。そこからはブナ林が美しい沼田街道(尾瀬自然観察の森遊歩道)の散策に精を出した。紅葉、きのこと見所がたくさん♪

きのこときのこ本

沼山峠から七入までの登山道はすべて下り坂(5.6km)なのが嬉しい。なので景色を楽しむ余裕がいつも以上に生まれ、それによっていつも以上におしゃべりに花が咲き、さらにいつも以上に歩みも遅くなり、コースタイム2時間のところをボクらは3時間20分もかけてのんびりと歩いてしまった(笑)。沼山峠から七入までの沼田街道、とても空いていてい〜いコースでした。すんごくお薦めです。
さそして七入駐車場で車をピックアップして御池駐車場まで戻ってもう一台のピックアップも完了したら、急いでキャンプ場へと戻ります。ビールビールなのである。笑

梨届く

それにしてもよく呑んだ丸二日間であった。基本的には昼間はまだまだ冷えたビールが美味しかったし、冷えた夜は焚き火を前にホットワインでカラダを芯から温めたりととにかく忙しかった。山歩きして呑んで食って⇒疲れて寝る。実に単純明快で愉快爽快な遊び方で気持ちいいぐらいいろいろと発散できた。山歩きは、やっぱりこうでないとね。

| トレッキング | 08:20 | comments(2) | -
コメント
そのキノコ本いいよね。4冊ぐらい買ったけど、その本が一番イイ。

今年は、ハナイグチ沢山採ろうと思っていたのに・・・食べられそうにない。

ナメコ沢山採れたら、送るね。
| koji | 2014/10/16 10:44 PM |
kojiさん。

今年の秋のキャンプ。残念でした、非常〜に残念。(>_<)
何が残念って、折角のシシ肉ベーコンの燻製が食べられなかった事。涙
キャンプ中、姉さんもず〜っとそのことばかり気にしてた!笑

この時期の山歩きには、このキノコ本が必須だと分かり、
それからは必ずヨメさんのザックのポケットに入っています。
ウチも色々なきのこの本がありますが、ウチもこれがお気に入りです。
それでナメコは、被害がそんなに無いのでしょうか。ちょっと心配です。
近々偵察に行った際、思いがけずの大漁に遭遇してしまった場合、
ぜひともまたまた今年もよろしくお願いいたします!笑
| bebe | 2014/10/17 11:06 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE