建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< おじゃま致します! | main | 槍ヶ岳縦走山歩〈後編〉 >>
槍ヶ岳縦走山歩〈前編〉
蝶ヶ岳から望む槍ヶ岳
『槍に恋した秋山歩き@蝶ヶ岳〜槍ヶ岳「山と野と」へのオマージュ風。ヤッテミタカッタ(笑)』

ボクはドラクエにしてもFFにしても、たくさん闘って経験値を十分に積まないと次のボス戦には臨まないタイプで、どちらかと云えばかなりの慎重派。それは実は山登りにしても同じことが云えて、地道に渋〜い山行で鍛えて経験値を上げてからじゃないと、大きなビッグネームの山にはあまり登りたくは無いと云う気持ちが強い。ところがそろそろ山登りは五年生となり、いくらかは挑戦したい敵(山)も増えてきて、そろそろ一歩前進してレベルアップできる大きな山に進みたくなった。
そこで今回やっつけて来たのは、富士山の次に誰もが知っているであろう北アルプスの『槍ヶ岳』であるプス。結果的には無事に登頂できたけれども、んもう〜ギリギリであるプス。途中で挫けずによくぞ登れたと思っている。それで、今回の山歩きも色々と楽しくて面白かったことがあるプスだから、また記事として記録しておこうと思う。

9月26日(金)〜29日(月)のこと。先ず今回の山行は色々なことが初めてづくしだった。初の上高地、初の槍ヶ岳、初のビール売り切れに遭遇、そして初の三泊四日の山旅などなど。個人的には槍ヶ岳を登頂した後に味わう予定でいた祝ビールが売り切れていたことが何よりも感慨深い。これはまさに生き地獄でした。苦笑



さて、一日目の山行⇒さわんど市営第2駐車場(一日500円)⇒沢渡バスターミナル(一人往復2040円)⇒上高地ビジターセンター⇒徳沢⇒長塀尾根⇒長塀山⇒蝶ヶ岳⇒蝶ヶ岳ヒュッテ(テント泊一人700円)まで。

小梨平キャンプ場
『小梨平キャンプ場』

前日の深夜に沢渡の駐車場に入り、のんびり車中泊でもと思っていたが、さわんど市営第2駐車場に着いたのはなんと2時45分。そこから慌ててビール一缶を飲み干し喉を潤して速攻で寝ようとするも、車外がうるさくて全くの眠れず仕舞い。しかもジムニーじゃ狭くてやっぱり眠れない。良い教訓になりました。ボクは今後、車中泊はいっさいしないで、早立ち朝立ちに徹しようと思う。
結果、一時間も眠れず意識もうろうとしながら、6時20分のバスに乗り上高地へ入った。事前に用意してきた登山届けをポストに投函して河童橋まで歩を進め、軽くキャーキャーとおのぼりさん状態。なんせ初の上高地入りだもの、仕方がない。そしてこれまたいつか訪れてみたかった小梨平のキャンプ場を横目に見ながら、平坦で長〜い道のりをどんどこと徳沢まで歩いてゆきます。徳沢のキャンプ場も綺麗で、ロケーションもバッチリでこれまた興味津々。途中の道には大小さまざまな猿がいて、予想以上に可愛くて程よいショータイムを満喫。

徳澤園
『徳澤園』

長塀尾根
『かなり長くてきつくて険しい長塀尾根の登山道』

長塀尾根
『長塀尾根の心折れる標識・・・。この地点で半分って・・・。涙』

長塀尾根の切り株
『長塀尾根にある切り株。座り心地(眠り心地)は最高!なかなか立てない!』

妖精の池
『サンショウウオしかいないと云われる妖精の池』

徳沢では美味しい水をプラティパスへ給水。ボクが2リットルでヨメさんは1リットル。そして蝶ヶ岳へと続く長塀尾根への登山口に入り、そのキツさにあっという間に涙した。展望の無い樹林帯の中を重たいザックを担いでひたすら登るんだけど、ここここれが寝不足のカラダにビックリするほどに堪えるのだった。で、登山道の途中には座るのに丁度良い切り株が幾つもあって、ふと気がつくと知らないうちにそれに座ってしばらく寝込んでいたりと散々な道中。辛くて汲んだ水すら捨てたほど。寝不足は大厳禁だ!(>_<)。ホントに良い教訓。
それでもしばらく頑張って進むと小さな池が幾つかあらわれて、眠気が解消される可愛い奴らがいたのでなんとか持ち堪えた。おお!なんとそうか、ここは妖精の池か。事前情報通り、本当にサンショウウオしかいないらしい。かなり楽しい♪池の廻りは紅葉も綺麗でした。

長塀尾根のおわり
『長かった長塀尾根のおわり。パッと視界が開ける!槍もココでやっと見えた!』

蝶ヶ岳と蝶ヶ岳ヒュッテ
『蝶ヶ岳と赤い屋根の蝶ヶ岳ヒュッテ。でその向こうに常念岳』

蝶ヶ岳山頂
『蝶ヶ岳山頂』

そうこうして苦労しながら何とか樹林帯を抜けると、目の前がパッと開けて蝶ヶ岳と山小屋が見えてきた。とほほ、やっとである(>_<)。やっとのおもいで一日目の目的地、蝶ヶ岳と蝶ヶ岳ヒュッテのテン場に辿り着いた。この日は平日の金曜日。テン場も空いていて自由気ままに好きなところに張れる。小屋でテン場の受付をしてビールを数本買ってテント設営前に乾杯三昧したことは云うまでもない。眠さなんて何のその。ビールの旨さがカラダに、そして心に染みました。

蝶ヶ岳ヒュッテ テン場
『蝶ヶ岳ヒュッテのテン場。目の前が雲海だった!』

さて、蝶ヶ岳でお疲れさま〜♪とビールで乾杯をしたのは4人。実は今回の山行は、ボクとヨメさんの他に、山の大先輩であるタビノカミサマのお二人が同行者でした。たまたまスケジュールが合い、しかも双方で考えていた山行計画も一致すると云うことで、最終目的地の槍ヶ岳まで一緒に歩くことにしたのだ。とはいえ、ボクらはテント泊、チームタビカミの二人は山小屋泊なので、スタート時の足並みを揃えても迷惑をかけるばかりなので、この山行中はずっと、ボクらが2時間程度前に先行して歩き、後で追いつかれると云うスタンスで歩いて来ましたが、これがなかなか予想以上に楽しかった。歩き出しから足の速い人たちについて行けるはずも無いのだから、十分にウォーミングアップできてから一緒に歩くと云う形は、ボクらにはとても合っていたようだ。ボクらだけではいつ挫折してもおかしくなかったこの山行も、この先に同行者が待っていると云う槍ヶ岳以外の相乗目的が良かったみたい。

蝶ヶ岳で乾杯
『一日目の乾杯はテン場で!蝶ヶ岳ヒュッテのテン場から見える景色が最高の肴』



そして二日目の山行⇒蝶ヶ岳ヒュッテ⇒蝶槍⇒常念岳⇒常念小屋(お昼)⇒横通岳(巻き道)⇒東天井岳(巻き道)⇒大天荘(テント泊一人700円)⇒大天井岳(スルー・・・~_~;)まで。

槍ヶ岳と穂高連峰のモルゲンロート
『槍ヶ岳と穂高連峰のモルゲンロート』

3時45分起床の5時出立で蝶ヶ岳ヒュッテを歩き始めた。前日の寝不足を解消するかのように、とりあえずは寝た。寝たけれども一日目の寝不足の影響が尾を引くような感覚が未だ抜けきれてはいなかった。までも足は相当に軽い。軽快。この日は最後まで同行者のチームタビカミに追いつかれずに目的地まで行けるかな、なんて儚い考えすら思い浮かぶほど。
5時に蝶ヶ岳ヒュッテを歩き始めると云うことは、進む道の右側から登ってくる太陽とその日射しを左側で受けて真っ赤になっている槍ヶ岳と穂高連峰と共に歩くことができるので、朝からもう〜大満足の景色が食後のデザートのようでした。

蝶槍
『蝶槍』

常念岳
『大きくて険しい常念岳』

常念岳
『近くに寄るとさらにそのスケールの大きさに唖然。常念岳め』

常念岳山頂からの激下り
『あまりにもデカくて険しい常念岳に驚いて見上げているの画』

常念岳山頂直下
『常念岳山頂直下を必死に登るヨメさん!向こうに富士山と八ヶ岳が見えた。』

常念岳山頂
『常念岳山頂』

さそして、蝶槍で上着を脱ぎ、これからの難関に備えるべく色々とスタンバイ。目の前には大きくて格好いい常念岳が先ずはそびえている。左側にあるあの尖り山に行くまでには、幾つかの山々をクリアして行かなければならないぞと軽く気合いを入れ、ギュッとポジションも直し、気持ちの良さそうな稜線をスタコラサッサと歩き始めたのだった。
ところがどっこい、常念岳の登りで先ずはヨメさんがグロッキー。どうやら荷が少し重いようだ。優しい言葉をかけ続けながら何とかおだてて常念岳の山頂まで導き小休止。とココで同行者に追いつかれ今度は4人で常念小屋まで下ることになり慎重に歩を進める。これが激下りで大変驚いた。ザレていて下りづらいしマイッチングだ。

常念小屋のカレーとうどん
『常念小屋のカレーと常念そば』

大天井岳までの登山道
『常念小屋を進んですぐの登り。ボクはここが何よりも辛かったところ。』

常念山脈の稜線
『常念山脈の稜線上に出られてホッとしている画。視線の先には槍ヶ岳。』

常念山脈の稜線
『常念岳からはもうたくさんのアップダウンを繰り返ししながら先に進んだ』

常念山脈の稜線
『ハイマツの畑にはまいっちんぐ。ここの登りがじわじわと足に来て乳酸がマックスに!』

『大天井岳の標識が出てからがこれまた長かった!(>_<)』

槍ヶ岳と小槍
『槍ヶ岳をちらちら見て歩きながらテンションを保つ。お!小槍も見えるじゃん!って』

大天井岳と大天荘
『大天井岳と大天荘とテン場。テン場の真後ろにあるのに登るの忘れた大天井岳!苦笑』

常念小屋ではボクは、矢グルメ姉さんから是非にとオススメされていたカレーを食べた。想像以上にうんまかった。流石である。(後日談で、実は矢車姉さんが云っていたカレーは大天荘のものだと判明。どうやらボクが勘違いしていたようだが、常念小屋のカレーも間違いなく美味しかった。あしからず)でヨメさんは疲れから食欲不振になり、蕎麦しか食べられないと云う。仕方が無いので常念小屋からはヨメさんの荷物をほんの少しだけ持ってやることにして、小屋での大きな休憩のあとは大天井岳に向けて目の前の次の山を登った。
ただここで、今度はボクに急ブレーキ(ー ー;)。お昼ごはんを満腹に食べ過ぎてしまったようで、カレーが・・・口から出そうだった(冷や汗)。荷物も重い(涙)。
今度は逆にボクがオラオラオラとヨメさんにせっつかれ急がされ、涙しながらガォ〜と気合いで一気に稜線まで登ったのをおぼろげに覚えている。とても辛かった。苦笑
でもここからの稜線歩きが本当に何よりも楽しくて素晴らしかった。この先頑張れたのはこの稜線歩きがあったからと云ってもけっして過言ではないほどに良かったのだ。
大天井岳までは何度も何度もニセの大天井岳があって、何度も何度もその場で心折れそうになったけれども、稜線からの左右の景色があまりにも良かったので、くったくたになりながらも二日目の目的地、大天荘のテン場に無事到着。なんと一人気合いで歩いていたものだから、ヨメさんの30分前に到着。これで去年の五竜岳の件がチャラになったぞ。
そしてテントを張ってザックを荷解き、一人ビールを呑みまくっている途中である忘れ物をしていることに気が付いたのだが、さすがに10時間20分も歩いたあとは、重い腰がもう上がらなかった ~_~;。ボクもヨメさんも、あ〜あ、大天井岳スルーしちゃったよ。苦笑

大天荘テン場
『大天荘のテン場』

それで夜、テントの中では実はヨメさんからギブアップ宣言がちらほらと出てきていた。今回の槍までの山行計画は3泊4日であったが、槍ヶ岳に行くにはもう一泊どこかヒュッテ西岳あたりで泊まらないと無理かもよ、と。普段強気のヨメさんからは想像できない言葉である。どおりでビールも呑まずにひたすらカラダを休めることに気遣っていた訳だ。明日の山行、はてさてどうなるか。ヨメさんの体調復活を強くキボンヌしてボクも寝袋に入って早々に明日に備えることにした。
そうそう、大天荘、すごく良い。小屋の兄さんは皆感じが良いし、ビールも豊富。生ビールの他、プレモルにモルツまで売っていた。さらに感動したのがトイレがものすごく綺麗だったこと。もちろん洋便。テン場もすごく綺麗で平らで快適だった。

後編〉へ続く。

| トレッキング | 16:02 | comments(10) | -
コメント
待ってました!大作レポお疲れ様でした!

お天気が良くても、やっぱり長塀尾根はキツカッタか。
そして常念の下りが泣きそうだったっけ。
色々思い出しながら楽しく読ませてもらったよ。

だけど…カレーが美味しいって行ったのは大天荘だよ。
私達は食べなられなかったけど、美味しいって噂だったからさ。
それから、大天井は大天荘の小屋の後ろ側に15分登るのですよ!
途中じゃないよ(^-^;
こりゃあ、また行かないとだね(笑)

私達は常念〜西岳までしか晴れてなかったからねー((+_+))
お天気に恵まれてホント良かったね!

元気印のケーコちゃんが弱気になるなんて。
どんだけ重たいザックを担いだのかしらん。
| 矢車草 | 2014/10/02 4:50 PM |
携帯で一度読んだけど、勿体なくて自宅のPCで読み直しちゃったよ〜!
素晴らしい風景を堪能できたんですね。

何度かの延期の結果が、この好天と山友との山行になり本当に良かったです。
常念岳山頂直下のケーコさん、すっごくカッケ〜です(*^o^*)v

しかし、ケーコさんが先に弱気になるとは想像してなかった。
それほど辛い歩きだったんですね。
| 山うさぎ | 2014/10/02 8:44 PM |
ケーコちん、ザックでかっ!
何はいってんの?そりゃーバテるよね。
わたしだったら、たどり着かなかったわ、きっと(>_<)
ブログ、一発で仕上げるのかと思ってたけどさすがに今回はスペシャルバージョンやね!

何がスゴいって、未知なる3泊。
うちはCLの頭皮的都合上、未だ未経験です(笑)
それにしても素晴らしい天気と紅葉のタイミングでしたね。
これ以上ない山旅だったのでは?
さぁいよいよ次は、いざ劔岳へ!?
| mie@tokyo! | 2014/10/02 10:12 PM |
いや〜スゲいね!!
天気も紅葉もばっちりだし!
ホント、なんたる爽快な光景なんでしょ。
それにしてもテン泊装備で10時間以上
の歩きは大変でしたね〜。
次のレポも楽しみにしてます。
| くに | 2014/10/02 10:42 PM |
常念のカレー???

矢さん、そうですよね。大天荘のカレーですよね。

今度は、ツバクロ経由で頼みます。
| koji | 2014/10/04 9:52 PM |
矢車草さん。

いや姉さん~_~;、スゴイわ〜!何がスゴイって、姉さんのブログの書き方がさ、。
今回の槍ヶ岳山歩はかなりの想いがあって特別版にしたかったので、
ちょっと姉さんちのを真似てみようかと試みたけれど、
そうすると記事に時間はかかるわ写真選びにも時間がかかるしでもう大変。
やっぱりアレですね。慣れないことはするものじゃない。尊敬します。

そうそう、何処でどう間違ったのかボクの中では美味しいカレーは常念小屋になってました。
ま〜た姉さんったらそそっかしいなと思ってLINEを読み返してみても、
しっかりと大天荘のカレーは旨いらいしZー!って書いてあった。(-_-;
までも常念小屋のカレーもボクにとってはとても美味しかったので良しとする。
今回、大天井岳はガスと疲れからパスしちゃったからまた行かないと行けません。汗
そうすると今度は、燕から入って大天荘を目指すかな。
槍ヶ岳の縦走山歩、四日間、本当に天気に恵まれてラッキーでした。
こんな青空を北アルプスで体験しちゃうと、さらに贅沢になりそうで怖い。苦笑
山行の前、そして道中と、色々なアドバイス&応援をありがとう。感謝してます。
| bebe | 2014/10/05 2:12 AM |
山うさぎさん。

あら嬉しいお言葉をありがとう。四日間とも晴天で大成功山行でした!
思えば8月のお盆の時から何度延期したことやらで計り知れない。~_~;
まその度にそんなことができる自信の仕事のスタンスに有り難みを感じますが、
今回の、青空の槍ヶ岳に標準を合わせると自然とこうなった次第でした。笑

常念岳山頂直下の向こうに雲海が浮かんでいる写真はたまたまの産物でして、
さらに向こうの富士山と八ヶ岳を撮影していたら、たまたまケーコが通りかかりました。
ま、そんな感じ。(^―^)
今回の山行ではボクが少しヨメさんの荷物を持ってあげたので鼻高々です!笑
| bebe | 2014/10/05 2:13 AM |
mieさん。

散々人にはザックの中身は軽量化を図って行きなさいよ!云っていたくせに、
自分はどうよ?って感じでしょ!笑
何せ寒いの弱いからと、ダウンの他にフリースとかもこもこアンダーなぞ持ってきていたし。
あとは食料系を全部持ってもらったから重いのは当たり前かしら、やっぱり。
までもヨメさんのザックもボクのザックも共に60Lじゃ不公平かしら、やっぱり?
でも二人してその程度の容量じゃ無いと絶対に担げない!
今回はおそらくヨメさんが12kgで、ボクが17kgあたり。テン泊縦走はコレが限界。
今後はどうしてゆくか、色々と課題が浮き彫りになった山行でした。
先ずはお互いにもっと軽量化して、もっと何処までもサクサク歩いて行きたい。
テント、もっと軽いのにしたいなー!笑。そうしないと劔岳、行けないよ!笑

でさぁ〜三泊って!本当にすごいよね。~_~;我々ももうビックリです。
最終日には流石に松本の温泉入ってから帰ったんだけども、
頭を洗ってもなかなか泡立たないんで、正直結構面食らいましたよ!
それでこの季節にこんなでアレだから、ボクらにはとても夏の縦走は無理と判断できます。
やっぱりボクの夏の山は、仕事の山と化したほうが良さそうです。(^―^)
| bebe | 2014/10/05 2:14 AM |
くにさん。

ホント毎日、死ぬかと思いましたよ。それほどに歩きに歩いた。(>_<)
毎日サプリとか飲んで、ストレッチとかしないともうダメね、本当に。

お天気は、どうしても青空の下の槍ヶ岳を見たくって、
好天の日を狙って休みをかなり調整しました。
その結果がこんなにも大成功するだなんてね。んもう出来すぎくん。
こんな良い天気の北アを体験しちゃったら、何だか次がやばそうです。苦笑
目が肥えてわがままになってしまいそう。~_~;
| bebe | 2014/10/05 2:15 AM |
kojiさん。

あれ、知らない?常念のカレー!笑
すっかり勝手に信じて疑わなかったけれども、じっくり堪能するとなかなかのお味。
ちゃんと水の入ったコップにスプーンが入っていましたしね。作法もグー。
で大天荘のカレーは大天井岳と併せて再訪するときの楽しみに取っておきます。
もちろん今度は燕経由で行ってきたいと思います。

しっかしな〜(>_<)。ビールって、一缶、温くても良いから常備するべきかしら。
実際真剣にそのことで悩んでおります。もうあんなおもいはしたくない、(-_-;
| bebe | 2014/10/05 2:16 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE