建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< 日々のこと | main | 硫黄岳山歩 >>
北八ヶ岳本沢温泉山歩

ドラクエ山歩(稲子湯〜しらびそ小屋)

先日の三連休の後半2日間、2/10日と11日のこと。北八ヶ岳の本沢温泉へ、しらびそ小屋経由でスノートレッキングを楽しんできました。今回は6名でのドラクエ山歩。先頭から鞄職人、研究者、病院従業員建築金物屋(チーフリーダー)、酒蔵従業員、そして建築士の構成。さまざまな職業の者が集まったゆえに、まったく話題が途切れないとても魅力的な山歩となりました。
さて、山頂にあるダーマの神殿へは次の日に登頂予定だから、この日は本沢温泉の山小屋セーブポイントまでの山行予定。装備やら何やらで(酒?)びっくりするほど重たくなっちゃった雪山仕様のザックに後悔しながらも、けがも無く無事に予定をクリアできて嬉しい。途中順番を入れ替えて経験豊富なチーフリーダーに引っぱられながら、素晴らしい景色を随所にこの目で見てこれた。青空がバッチリだったから、幸せな時間をおおいに満喫。雪山は荷物が重くてしんどいけれど、それに伴う対価がすごいので、最高にしびれます。これはホントにはまる。

北八ヶ岳本沢温泉山歩1

本沢温泉では5人用の個室を2室あてがってもらい、一室は荷物置場と身仕度部屋として使い、もう一室は寝室と宴会部屋として使いました。5人用の部屋に適当に布団を敷いて、6人で暖かいこたつを囲んで雑魚寝です。カラダのシンまで温まる温泉につかり、酒の力も借りて、あっという間の高いびきzzz。(本人覚えておらずヨメさん談。みんな、めんご。)
宿は、翌朝の出発時間を考慮して朝食は自炊にしたので、1人一泊夕食付きで8900円でした。贅沢にも夕食にはおでんとキムチ系の2種類の鍋がテーブルに乗った。がしかし、各々で持ち寄ったおつまみを間食し過ぎてすでにお腹がノックアウト状態だった。ああ、勿体なかった。

北八ヶ岳本沢温泉山歩2

この日のスノートレッキングルートは、稲子湯を9時半に出発して、しらびそ小屋で素朴なラーメン(600円)を食べ、ゴールの本沢温泉には14時半に到着。計5時間の道のり。翌日の山登りのためには良い足慣らしとなりました。雪が深かったために今回は名物の野天風呂は無し。それに星空も無し(>_<)。折角頑張って重たい三脚を持ってきたと云うのにさ。残念で仕方なし。そのかわり、持ち寄った酒で親睦を高め、和気あいあいな山行となったから良しとする。山歩1日目、晴れてくれて本当に良かった。嬉しくて涙出る!

北八ヶ岳本沢温泉山歩シャシン記ログ

| トレッキング | 02:31 | comments(4) | -
コメント
わたしも膝に爆弾抱えてるので他人事ではありません。
無理せずご自愛下さいませね。

でも、、、山に登れなくなっても山には行きましょうね。
後立山縦走の続きもやりたいし、雲ノ平にも行ってみたい。
下ノ廊下にもう一回行くのもいいかな。
湯治出来そうな麓の良い温泉を探しておきます。
| mie | 2013/02/13 12:40 PM |
いやいや、ホントに楽しかったー!
私は次回は荷物減らして、みんなに遅れないように
頑張ります。
まずはアウター新調しないとだな(笑)
お財布も(*_*;

ドラクエ仲間に入れていただいて光栄でございます。
今度はみんなで露天風呂制覇か?

お写真お借りしますね…
どうも楽しすぎると写真を撮らない悪い癖が(^^ゞ

いい温泉ならいくつか知ってますわよ。
くれぐれも無理しないように!

写真見てたらお腹が鳴った…食いしんぼうバレちゃったね。
あ、前から知ってたっけ(爆)
| 矢車草 | 2013/02/13 6:54 PM |
mieさん。

あれ?あれあれあれ〜!!
もしかしてそれ、遠回しにゴール地点のピックアップ係ヨロシク言ってない?
そんなことにならないように、リハビリするし、手術もするってばさ!(怒)

膝は、2年前に痛めた患部を適切に治療していなかったときのツケかもね。
最終判断はまだできないけれど、どうやら左膝内側じん帯の付け根付近に、
カルシウムが袋状に発生しており、それが悪さしているようなのです。
ま、ちょっとヤバイ感じかも知れません。ドキドキします(-_-;

今回の本沢温泉スノートレッキングツアーは大変にお世話になりました。
楽しくて、有意義で、お腹が一杯。ご対面もでき、より一層の親睦も深められ、
もう文句なしの雪山山歩でした。相方さんに丁寧なお礼を申し上げて下さいまし。
なんとしても膝を完治し、雪の山へまた出かけて行きたいのであーる。
湯治温泉の件、是非ともよろしくお頼み申し上げますm(_ _)m
| bebe | 2013/02/14 1:41 AM |
矢車草さん。

暑がりの姉さんが着て良いアウターの厚さじゃないね、アレは。
どうですか?南極料理人を観て、そこのメーカーのが欲しくなっていませんか?
冗談はさておき、アウターの性能って、やっぱりすごいものがありますね。
ボクの、あんなペラッペラなのに、ケルンまでの道中、まったく寒くなく、
快適でございました。いっそ「H」のお揃にしてしまいましょうか(笑

写真は、姉さんのテイストに合っていないかもしれませんが、
もしなにか使えるものがありましたら、どうぞお気遣いなくご自由にお使い下さい。
それにしても姉さんの、お腹が空くペース、極端な暑がり、見事です!
だからかな、お若いのは。またいつか燻製ナッツをよろしくお願いいたします。

今回の山行へのお付き合い、ありがとうございました。
東京マラソンが終わったら、また何処かのお山で会いましょう。
それまでに膝、頑張って養生しておきます。
| bebe | 2013/02/14 1:42 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE