建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< マドンナ会 2011 | main | 八月蝉い >>
たかがトイレ、されどトイレ

現場からの風景

工事進行中の現場の便所は、近隣に住む施主の親御さんのご厚意により農機倉庫内の、
水洗便所をありがたくも使わせてもらっています。しかもその便所は、大便器用ブースと、
小便器用のスペースに分かれ、使い勝手上申し分ない。ホントにありがたい。
でその小便器用のスペースの壁には、換気採光用の小さなガラス窓が付いています。
床の上1.3メートルからの上に、60センチの高さの窓があり、男子おしっこしてる時に、
外の世界を垣間見るのに丁度良い高さ。が悲しいかなお借りしてる便所窓は曇りガラス。
道路に面している窓ガラスですから、視覚的なプライバシーを考えれば、と当然といえる。
外からの光を通すだけでも開放的な感覚を得られるのだから、けして文句はいえません。
話は変わり、高速道路の新しいサービスエリアの男子トイレの小便器エリアには最近、
外の景色を堪能できる透明な窓が付いているところが多い。これぞ快適リフレッシュ!!
ぼぉ〜(ジャ〜)と外を眺めて(用を足して)見る風景は、とても気持ちいい。開放的ですし。
横に長い窓から見える幾つもの男子の満足顔は、対面のあぜ道からはどう見えるのか、
興味はありますが、あまり見たくはないかなーやっぱり。
気持ちの良いトイレ。リラクゼーションできるトイレ。そんなトイレ、設計してみたいものだ。
たかがトイレだけど、されどトイレなのです。トイレは重要!

| アーキテクツ | 17:29 | comments(2) | -
コメント
うむ。されどトイレ、賛成!
先日お会いした、かつて山小屋オーナー関係の99歳のおばあさん。
昨秋晴れてバイオトイレに改修なさった鳳凰小屋にお祝い申し上げると、
「トイレなんてねえ」と、ごときになんじゃという反応。
いや、かつての鳳凰小屋のトイレは魔界でした。それが改善されたからこそ、
泊まろうという気にもなったんですよ〜。←言わなかったけれど。
大金を使ったとおっしゃるけれど、泊まる人が増えて、すぐに回収できますよ☆
| yuki8055 | 2011/08/23 9:09 PM |
yuki8055さん。
あのおばあちゃんの、こちら本部どうぞ!は格好良すぎですねー。
記事読んで、すげぇなーとずいぶん感心していたところです。
ところで山のトイレと云えば、ボクの場合まだまだ経験が浅いのですが、
双子池のテン場のトイレを基準として考えるようにしています。
いまのところボクはあそこのあのトイレが最高ランクですから、
その、、鳳凰小屋のトイレはどのクラスだったのか気になるところです。
まっ魔界って、どっどんな感じだったのでしょうかねー(苦笑
たかがトイレだけど、されどトイレです。トイレって重要ですよね。
しっかし、鳳凰の魔界トイレって、上手い表現だけに気になる気になる。
| bebe | 2011/08/23 11:28 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE