建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
<< 残暑お見舞い申し上げます 2006 | main | 残暑キャンプ >>
来訪者続報
完全に「餌場」となった我が家の駐車場。
餌を与えるのを忘れていると、催促されるようになってしまいました。毎朝「チュンチュン」とうるさいのです。

来訪者A

彼らは、A集団と称する10羽前後のグループ。電線に留まって様子を見てから敷地内に降り立ち餌場にやってきます。入れ替わりに5〜7羽のB集団(私が勝手に呼んでいます)がやってきますが、彼らは道路に降りてから餌場に近づというように、A集団とは違うアプローチをします。
どれも同じようなスズメですが、よく観察すると個性豊かであることが分かります。相変わらず親鳥から口移しで餌をもらっているものや、見張りをしていると思われるもの、餌場の皿には決して近づかないものなど様々です。
口移しで餌をもらうスズメは、来る時も去る時も3羽の集団行動なので、親鳥と子供だと私が思いこんでいるわけです。見張りはいつもキョロキョロして落ち着きが無いし、餌皿が怖いスズメは、飛び散った餌をついばんでいるだけなので、お腹一杯になったことは無いのではないかと心配してしまいます。
そんなことを思いながらスズメの観察は続くわけですが、時々こんな来訪者もやって来ます。

来訪者ハト
↑単独行動のハト

小鳥の餌は小さいので食べにくそうです。スズメの何倍も大きいので、一皿分の餌を1羽で平らげてしまいます。この大きな来訪者に対し、スズメは恐れを抱いている様子はなく、ハトを遠巻きにしながら遠慮がちに食べ終わるのを待っているかのようです。

来訪者ヒヨドリ

また、こんなヤツもやって来ます。ヒヨドリでしょうか?この時は餌をジッと見ただけで、食べずに去っていきました。何をしに来たのでしょうか。疑問です。
さらに、写真にはありませんが、ネズミが餌を横取りしに来たりと非常に賑やかな餌場になってきました。
次に変わった来訪者を見掛けたら、また報告することにしたいと思います。

建築日和はblogランキングへ参加しています
↑ Click please.
| シーン | 00:13 | comments(1) | -
コメント
人間と同じく
いろんな”動物模様”があるのですね(笑)。

素敵なお客様たちです。
うちの会社の回りにはたくさんの
ニャンコがいます。

みんな時々
エサというより
昼ご飯のついでのものとかを
あげたりしているので
彼等はほとんど一族になっていっています。
毎年チビニャンコが生まれておるようです。

隣の飲食店の軒先にいる
これは飼われていると思われる
白くて美しいニャンコがいるのですが
彼等スラム街の者が容易に近付ける相手ではないようで
遠巻きに
彼女をチラチラ見ているようです。

そんなマドンナニャンコと
ジャンキーニャンコ達の
生き様もおもしろいです。

裏街道ではあるものの
たくましく育って欲しいと思います。
| Tomoko | 2006/08/31 1:38 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE