建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
ブルーブラック
ブルーブラックのフリクションペン

スケッチもメモ書きも以前までは万年筆を使って、
しかもブルーブラックのインクを好んで使っていたんだけれども、
これが現れてからはもうずっとこの二つに首ったけ。なんせ消せるんです。
0.7ミリのフリクションのボールペンとフリクションのサインペン
どちらも色はブルーブラックでとても渋くて美しい。
今のところこれがボクにとって最強で最適な組み合わせです。
このブルーブラックのフリクションペン、
もっと色々なところにたくさん置いて欲しい。
大きなお店じゃないと買えなかったりするのがちょっと玉に瑕。
| アイテム | 07:47 | comments(7) | -
モレスキンの名刺入れ
MOLESKINEのポートフォリオ XSサイズ

7年も連続してモレスキンの手帳を使っている以上、モレスキンの名刺入れを、
使わない手はない。 正確にはMOLESKINEのポートフォリオ(書類入れ)の、
一番小さなXSサイズを流用した名刺ケースな訳なんだけれども、
誰かがこうした使い方をしているのをネットで見つけ真似てみたのが始まりです。
収納する名刺はポートフォリオにジャストサイズじゃあないんだけれども、
少し余裕を持った入れ方ができるので、名刺を取り出すときは便利のように思える。
手帳ともお揃いですし、これはなかなかの塩梅です。お気に入り♪
| アイテム | 20:05 | comments(0) | -
タッチペン
BIC スタイラスペン

これはなかなかどうしてであった。BiCのボールペン付タッチペン。正式名スタイラス
何がなかなかって、頭の黒い部分のタッチペンがなかなかなんです。動きが滑らか♪
因みにボールペンの使い勝手も滑らか。もちろん替え芯も売っている。
そしてこの多目的ペンは、山ザックの中に一本入れておくと何かと利用価値があるかも。
メモするためのボールペンと、寒くて厚い手袋が脱げないときのスマホ用のタッチペン。
このコンビ、とてもいい塩梅。
さて、早速もう一本新しく仕入れなければならない。早速ヨメさんに一つ取られたよ。
| アイテム | 08:12 | comments(0) | -
シガーソケット充電器
ANKER Dual-Port Car Charging Kit
ANKER Dual-Port Car Charging Kit

これはなかなかの優れものでした♪
スマホのアプリが動いているのにもかかわらず、しっかり充電してくれる超タフネスぶり。
車の中で充電できるものとして、以前はボタンを押してシュルシュルと巻き上げるタイプのものを使っていましたが、巻き上げどきにコードがばんばん暴れるわ最終的に30cmぐらいデロ〜ンと戻らないわで全くしまりが悪かった。
何よりも充電するパワーが無くて、裏で何かのアプリが動いていようものならばひとメモリだって充電できなかった。で最終的に壊れたので、新しくコレに買い換えたんです。これはいい♪すごくいい♪♪
精度の良いスマホ用カーナビアプリが無料で使える昨今、ばんばん新しい道路ができてどんどん街が様変わりしているそんな状態にも対応してくれるんだから、これは使わない手はありません。もう地図が古くなってアリもしない道路を走っているようなカーナビは愛想尽かせてそのままです。~_~;

話それましたが、これはそんな便利なスマホのカーナビを使っていてもしっかり充電してくれるパワーある優れもの。本体は小さくてとてもコンパクト。USBポートは2口あるので、ボクのiPhoneとヨメさんのスマホを同時に充電できるんです。因みにボクが買ったキットには90cmのMicro USBケーブルだけが付属しているので、iPhone用にはLightningケーブルが必要となります。
| アイテム | 19:52 | comments(3) | -
まるで専用カメラケース
BOSCH DLE50用キャリングバッグ

う〜ん、こう云うのって、なんなんだろか。~_~;
新しいコンデジには自動開閉式のレンズカバーが付いているんだけれども、
何かのケースに入れておかないと、そこを干渉してしまいちょっと心配。
しかも、ナマのままカバンに入れておいたら誤操作して電源が入っていたり、
仕舞いにはレンズが出っぱなしだったこともあって、ちょっと心配。
そこで、なにかこのカメラを入れるのに丁度良いものはないかと探してみたら、
ボッシュのデジタルレーザースケールの専用ケースが丁度出てきた。
でINしてみた。・・・やべぇ、まるでジャストサイズだわさ。~_~;
さてどうするべ。どうしたもんかな。このまま使うべきかどうか悩む。苦笑
| アイテム | 14:04 | comments(4) | -
モレスキンの手帳
MOLESKINE(モレスキン)マンスリーノートブック(ソフトカバーラージ)

2015。今年の手帳も浮気なし!
新しいMOLESKINEマンスリーノートブック(ソフトカバーラージ)の横に並ぶ6冊分、
使い続けています。だから今年で7年目になります。
モレスキンの手帳の良いところ。ボクの中では3つの良い点があるんです。
・月曜始まりの手帳であること。
・手帳の半分はたくさん書き込めるノートであること。
・たてよこ大きさ、厚さのサイズ、そして重量が抜群によいこと。
これだけが良くて毎年使っているんです。
祝日や休みが分かるように色づけなどして欲しいとか少々リクエストはありますが、
逆にこの毎年なにも変わらないって云うシンプルなつくりが妙に気持ちいいんです。
| アイテム | 02:50 | comments(0) | -
サブカメラ
CANON PowerShot G7 X

と云うか、もしくはこれがこれからメインになってしまうのではないか、との不安がある。
だって5倍ズームだし背景ボケるし連写がスゴいし星空が撮れるし動画もめちゃくちゃ綺麗に撮れるんです。でもやっぱりなんと云っても本体サイズの小さいことと、この軽さ!
いつも山歩きするときは頑張って重たいフルサイズのデジタル一眼レフカメラを持って行ってましたが、先日の槍ヶ岳縦走山歩のときにほぼ7割ほど考えを改めてました。ボクはあまり重たい荷を担げず鈍足なので、これ以上カメラの重さに負けて鈍足が増してはダメだ、と。
デジタル一眼レフカメラは本当に綺麗に良く写るから何処に行くときも愛用していたいのは山々なんだけども、その山々を歩くときの妨げになっては本末転倒だなと思い、思い切ってコンデジを買ってみた。RICOHのGRとさんざん迷ったあげくに選んだのは、CANON PowerShot G7 Xである。もちろん中古品を手に入れた。
光学ズーム域が24mm-100mmとほぼいつも使っている一眼のレンズと同等で使いやすく、f値がものすごく明るい。デジタルズームもなかなか精度が良くて使えるし、ISOの上限も高いから暗闇での撮影も難なくできた。
先日のクリスマスキャンプ山歩きパーティーで早速使ってみたけれど、使い勝手は何れのときもすこぶる良かった。ただやっぱり被写体にカメラを向けてから撮影するまでのレスポンスの良さでは一眼レフカメラにはかなわない。広角端では電源ボタンを入れてから1秒足らずで撮影できるけれど、ズームなどしちゃうともっと時間がかかるから、これにはどうやら慣れないとダメらしい。
までもとにかく、最近のコンパクトデジカメは高級品になった代わりに高性能になってスゴイらしい。今はまだその機能の3割ほどしか使い込んでいないから、只今マニュアルを愛読書に替えて悪戦苦闘中。
| アイテム | 07:02 | comments(4) | -
インナーバッグ
DELFONICS インナーキャリングM

DELFONICSのインナーバッグ(インナーキャリングM)を絶賛使用中。
やっぱり便利だねこれ。
飴とかガムとか煎餅とかはもとより、薬にウコン、名刺入れに手帳、筆記用具に電卓、
領収書の類や会員証の束などをこいつに入れてまんま持ち歩いています。
バッグからバッグへ楽ちんにお引っ越し。こんなに便利だとは思わなかったな。
嵩張るし重たくなるから敬遠していたんだけれども、いざ使ってみるとこれが良い。
価格も安価。ヨメさんに頼んでオリジナルで作るよりも随分とお安いときたもんだ。
さて、いつ飽きるか分からないけれども、年末に向けてボクのカバンの中は、
もうすでに大掃除ができています。後は部屋と仕事場と車の中かしら。やらねば!
| アイテム | 12:40 | comments(0) | -
濃縮ウコン
DHC濃縮ウコン

この時期、ボクには、必需品。
かねてから愛用していたノ・ミカタが底を突いたので、今度はまた違うのを試してみる。
今回は、DHCの濃縮ウコンって云うソフトタイプの錠剤。今のところ具合良し。
来週は一週間連続の呑み会があるから、お酒に呑まれないよう気を付けねばならない。
そう云えばこのところ、道路で寝ちゃうとか、電車降り忘れて2県先まで行っちゃうなど、
特に目立った醜態はまださらしていない。良し良しだ。ウコンさまさまだ。
| アイテム | 08:24 | comments(0) | -
木製レードル
なんのことはない、ただの「木のおたま」であるが、これをずっと探していたのであった。とにかく木製のおたまで、深くて汁物などすくいやすいものが欲しかった。アルミやステンレスのものよりも雰囲気があってアウトドアにも相応しい。手ざわりが最高。値段は・・・ちょっと高め(苦笑)。大切に使いたい。
このCHASSEUR(シャスール)の天然木レードルは、チークウッドの木材の塊を丁寧に削りだしてこのおたまの形に仕上げたもの。なのでとても綺麗な仕上がりで惚れ惚れした。
これからの時期のアウトドア料理に頻繁に登場してくるであろう鍋物やシチューなどに大活躍してくれそうです。
ちなみに鍋底の端っこの方の取れない部分(すくえない部分)はこの際気にしないことになっています。諦めも時には肝心です。笑

| アイテム | 12:31 | comments(0) | -
| 1/26pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE