建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
ウナギの寝床
鰻重
7月25日の本日は「土用の丑の日」。
と云うことでウナギつながりの「うん築ばなし」をお一つ。

――――――――――

細長い敷地や建物の形状を表す言葉に「ウナギの寝床」があります。ウナギが住むような細長い家と言うことでしょうか。間口が狭くて奥行きが長い細長空間は、使い勝手が悪い印象があるので、出来れば避けたいと考える人が多いと思います。
では、何故そのような細長い形状の敷地が出現したのでしょうか?

かつて、家屋を新設する時には間口を基準に税負担を求める「間口税」というものがあったそうです。「間口が基準ということは、面積が同じならば間口を狭くして奥行きを長くした方が、税負担が少なくて済む」ということを考える知恵者が現れたことは想像に難くありません。
「ウナギの寝床」が税対策の結果として出来たとする所以ですが、誰かがやってみて、特にお咎めがなければ次から次へと現れてくるのは、今も昔も変わらないことのようです。

こうして一般化した「ウナギの寝床」を建築様式と捉えれば、代表格は京の町家と言うことが出来るでしょう。そこには建物の形態上の特徴のみならず、奥行きを生かす工夫が見て取れます。通り庭や吹抜けそして坪庭など、隣地側に余裕が無い敷地条件を克服して、採光と通風そして景観までも取り込もうという手法、今後の建築に積極的に取り入れられるべき要素だと思います。
また、間口が狭い分、通りに面してより多くの家や店が並んだことが、賑わいのある個性的な町並みをつくり出したことも事実なのです。意図されたことかは分かりませんが、建築計画とまちづくりの両面から参考になることが多いのが「京の町家」です。このような「ウナギの寝床」であれば、進んで受け入れたい人も多いのではないでしょうか。

ところで、「ウナギの寝床」と呼べる敷地や建物はどの程度の形状なのでしょうか?
間口:奥行きの比が1:3位だと、細長い「ウナギ」の感じはしませんし、比率が1:5程度でも間口が10mも20mもあるような敷地であれば「ウナギ」的ではありません。面積と比率の両方が満たされて、ウナギの寝床」は成立しそうです。
私見ですが、間口が2〜3間(4〜5m程度)、奥行き10間程度の面積30坪あたりが、語るに適切な規模のような気がします。
「ウナギの寝床」は、実際に東京でもよく見掛ける規模形状の敷地ですが、こちらは「京の町家」のようにはいきません。都市部の住居系地域にあって、建築基準法などの諸規制を受ける「ウナギの寝床」の中には、建物計画に四苦八苦する敷地も多いのです。
仮に、「ウナギの寝床」をお持ちなら、駐車場は望まない、部屋数は気にしないなど、幾つかの要望を諦めることで個性的で快適な住宅が実現可能であることを覚えておいて下さい。「住まい方」にはルールは無いのですから、細長いのなら細長いなりに、特徴を生かすことが大切だと考えています。
そして、「ウナギの寝床」を単なる細長い敷地で終わらせないために乗り越えなければならないことは山ほどありますが、都市の風景として定着させることが出来るとしたら、それは非常に意義深いことだと思うのです。
| アーキテクツ | 12:54 | comments(0) | -
煉瓦造の煙突
松葉屋本店の煉瓦造煙突

べらぼうに美味しい「モンブラン」があると云う話を聞きつけて、長野県は小布施の町まで行ってきた。町営森の駐車場に愛車ジムニーを駐め、待望のモンブランへ向かうも12時の開店時間まではまだたっぷりと時間があったので、少し小布施の町をぶらついてみることにした。
するとすぐに大空へすらりと伸びる綺麗なレンガ造りの煙突が目に入ってきた。近くまで行ってまじまじ見てみると、酒蔵の松葉屋本店の煙突と云うことが分かった。古めかしくて素敵なたたずまいのレンガの煙突は、まだ現役なのだと云う話を聞いて、大変ビックリしたものです。

小布施堂えんとつのモンブラン

因みに煉瓦造の煙突は約16mで8角形。ところどころリング状の金物によって補強したあとが見受けられる。レンガの積み方はハッキリとは断言できないが、おそらく長手積みかフランス積みじゃないかと思われる。何れにしても、モンブラン待ちのひとときを煙突を見て愉しく過ごすことができて何よりだった。小布施堂えんとつのモンブラン朱雀、美味であった。煙突とえんとつ、双方共に二重丸◎。
| アーキテクツ | 08:03 | comments(0) | -
タイル
外壁 磁器質タイル

タイルは美しい。特に外壁にタイルを使った建物の表情は、何とも言えない妖艶さを醸し出している壁さえある。ところがそんな綺麗なお肌に一点の曇りがあったりすると、お尻がむず痒くなり、どうにもこうにもやるせない気持ちになったりします。
ま 早い話、タイルが一つだけ取れていて折角の綺麗な外壁がもったいないって話なんですが、そう云うの見ちゃうとボクはその建物を管理しているところを探して連絡しちゃったりします。切れた街灯や電灯を見つけたときも覚えている限りそうします。いつもコンディションの良い状態で見つめていたいんです。(・∀・)
え〜、実はそんなお節介な性質がボクの性格にもよく反映されていたりします。~_~;
| アーキテクツ | 11:02 | comments(0) | -
涼しい雨の日
外壁のニッチ

〈アルコーブ〉とは、壁面の一部を凹ませてつくるスペースのことで、
今日みたいなお天気のときはすこぶる便利だったりします。⇒雨宿り。
このぐらいのスペースがあったらココに2〜3人は入れるから、
今後ボクらがデザインする建物でこんなスペースがもしも生まれたならば、
ココをなんか面白いことして楽しませてやりたいなーと、ふと思ったり。
うん、雨の日もなかなか悪くない。
| アーキテクツ | 10:35 | comments(0) | -
昔の図面は重くてでかい
A1見開きA2サイズの古い青焼き製本

A1見開きA2サイズの、古い青焼き製本の図面が2冊手元にあり、これからの業務のためにじっくりと読み込んでいる最中であるんだけども、1冊のページ数がざっと150ページもあり、厚さにして約5センチ、重さはだいたい15キロほどか。それがカケル2なもんで、いちいちテーブルからテーブルへ移動するのにも30キロだからとても難儀しています。古い図面だからCADデータが無くて、しかもA1サイズの大きな図面を300ページもスキャンする経済力も無いから仕方がないが、これ、意外と体力勝負。汗
今ならほとんどA3サイズのコンパクト用紙ですむように普段の業務は進んでゆくので、たまにこんな大きな図面を扱うのは新鮮で良い。が、矢張り重くて嵩張って難儀しちゃう。そもそも仕事場の自分のデスクの上にはこの製本図面が載らないから、あっちへ行ったりこっちへ行ったりと、これ、意外と体力勝負。暑さも相まって額に汗しています。~_~;
| アーキテクツ | 14:40 | comments(4) | -
エイプリルフール検査
現場にて

長々と従事していた仕事が今日この日4/1のエイプリルフールで終わった。
我々で先行して検査をしたあと、建物の完了検査を受けて無事にパス。
意外と難航した仕事だったから、それはもう感動も一塩でした。
ところで完了検査を受けた後、再度工事を受け持つ現場監督さんに、
あ、ここも!あれ、そこも!あれれ、これもだね!
だなんて云うダメ工事の指摘を冗談でも云うべきではないと深く反省した。
工事側としては真剣そのものだもの。こんな日だって冗談は通じない。
精度の良い建物をありがとう。ごくろうさまでした。さて、ビールだな♪
| アーキテクツ | 17:07 | comments(0) | -
煙突
薪ストーブの煙突

只今建築中の木造住宅に薪ストーブの煙突が付いた。建物竣工までいよいよ大詰め。
でも悲しいかな季節はすっかりと春。東京は桜の開花宣言が出された模様。
薪ストーブの燃焼テストはするけれど、本格的に活躍する季節は来年に持ち越しへ。
火付けのし易いマツで焚きつけて、火持ちの良いナラで安定させる。温かそうだな♪

選んだ〈薪ストーブ〉の設置に伴う仕様の検討や、煙突廻りのディテールなどなど、
設計に難儀したところがあるけれど、無事に取り付いた薪ストーブの姿を見てみると、
これはやっぱり良いモノだなと感慨深い。この雰囲気にたたずまい、とても素敵でした。
| アーキテクツ | 07:01 | comments(0) | -
サーモウール
羊毛断熱材(サーモウール)

この真っ白い材料は、ブログやFacebookなどで繋がりを持たせてもらっている、
福岡の設計事務所(MA .Architect)の方に教えてもらった羊毛断熱材(サーモウール)。
現場でえらく評判がいいんでちょっと記事にしてみました。全く噂通りで安堵する。
手触りなどの感触、施工性もグ〜。もう見た目もこのまんまで、フンワリと暖かい。
今回の木造住宅の現場では、スタンダードのタイプAを床と壁に使ってみた。
う〜む〜、少し高いが今後ボクらもこの断熱材が標準仕様になりそう。それほどにいい♪
| アーキテクツ | 08:03 | comments(0) | -
大工さんの作業台
大工さんの作業台

現場ではいろいろなところでよく見かける大工さんのあっぱれな作業台。
これはもうとても効率が良いもので、素晴らしいテーブルだといつも思っている。
サブロク板(910mm×1820mm程度の板)を半分程度にカットしたものに、
互いの中心に切り込みを入れ、そして各々をクロスするように差し込んで脚にする。
脚の中ほどは、軽量化と運搬のし易さのために、不要な部分はちゃんとカット。
そしてその上に使用材料を乗っけるだけで即席の作業台になると云うもの。
床レベルが水平では無いとちょっと使いづらいのでアウトドアではあれですが、
こんな感じの簡単なものを、キャンプなどで応用して使いたいものである。
| アーキテクツ | 08:32 | comments(0) | -
タイルにサイン
白百合クリーニング

こんな無骨でオリジナルなサインが結構好きだったりします。
馬乗り目地と云う工法で張られた外壁のタイルだからこそできる芸当。
既製品や完成されたモノとは違って、味がでていますよね。萌え。
| アーキテクツ | 11:05 | comments(0) | -
| 1/16pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE