建築日和blog

kenchikubiyori.com / 建築日和どっと混む(建築設計事務所の趣味的生活記録)
見るだけ受信LOVE

ブラザー MFC-J6573CDW


FAXのことである。
OA化に著しい遅れをとっている我が事務所は、当然ながらファクシミリについても時代錯誤もいいところ。古いインクジェットの複合機プリンターをFAXとして使っている訳なので、受信したFAXは何の疑いもなく、ただただ素直にジジジジと印刷しまくりだ。
真っ黒にべた塗りされたデカ文字のいやらしい広告だったり、金や銀や投資に融資、その他のDMもろもろでも、ただただ素直に印刷しまくっている。(´ε`;)
それでその古い複合機は写真や図面を出力するときにも兼用しているので、インクの消費が半端無くすごい。まいっちんぐだ。
ところがある日、広告FAXがあまりにもすんごいので、その要らないFAXのためのインクの使用率はどの位なのかと思いおおよそで調べてみた。そしたらなんと、50%が広告FAXによるものだったことが判明。(O_O)白目
と云うことで新しいインクジェットの複合機プリンターを購入した訳なんですが、A3出力ができるとかA3スキャンができるとか、印刷が綺麗とか印刷が速いとかのパワーアップされている機能なんかよりも、なにわともあれ、「見るだけ受信」と云うファックスの超スゴイ機能に惹かれてこの機種を選んだといっても過言ではないのである。もうすっかり広告なんて画面で見てピッだ!(削除だ!)
さて、これでまた一歩OA化が進んだぞ。次はそろそろ新しいコンピューターなのだ。ある時からピタリ止まっているPCの情報をとりあえずは集めねばならぬ。Windows10って何?て感じだもの。汗
| シーン | 11:41 | comments(0) | -
Wi-Fi化
ドイルビア渋谷フランケンシュタインのヴァイツェン
じめじめした暑いときは、渋谷フランケンシュタインのドイツビア ヴァイツェンに限る。
 
恥ずかしい話、2005年の建築日和設立から早11年。建築日和の事務所内がやっとこさ無線化になりました!(・∀・)
これは、新しく何かマシンを入れたとかではなくて、ただ通信環境の改善のためにWi-Fi化にしただけ。それで、もともと使用中のルーターには無線機能が付いていましたから、切り替えは通信会社に電話一本で事が済み、超簡単な作業でした。
さて無線LANの環境が整うと、有線のLANケーブルに足を引っかけないで良いとか色々と有利なことになりますが、一番嬉しいことはiPhoneやスマホの通信速度が安定しスピードアップしてくれたこと。そしてそれに伴い仕事場にいるときは通信費がかからなくなったこと。
事務所のBGMは普段はいつもFMを流しておりますが、このWi-Fi化によってAmazon Prime Musicなども気軽に聴けるようになったので良いことずくめだ。ぼちぼちボクも、格安SIMに踏み切ろうかしら。
| シーン | 12:25 | comments(2) | -
日々是好日千駄ヶ谷
事務所近所の交差点

事務所近くの様子。
この桜並木の交差点のその先は、新しい国立競技場が建設中です。
果たしてこのままその傾斜の付いた綺麗な緑の芝生は残るのだろうか。
今日みたいな天気なら、お弁当もってゴロンとするのに最適だろうな。
今日は東京、桜が満開でした。(・∀・)
| シーン | 17:34 | comments(2) | -
里山十帖
里山を創生する「デザイン的思考」  岩佐 十良 (著)

とある方に教えてもらってから知った『里山十帖』。歴史ある古い旅館をリノベーションして再び日の目を見ることになったまったく新しい形式の旅館ですが、この新しいカタチになってゆく岩佐式のプロセスがとても面白かった。
読み手側は何の危機感も無しに読み進められるからアレだけれども、今日に至るまでの現場での緊張感たるやまったく計り知れないものがあったのだと思う。それがこの本より伝わる。分類としてはビジネス実践書となる訳だけれど、飽きもなくダレもせず一気に読んでしまった。非常に面白かった。
本書の中にはなるほど〜と唸る事柄がいくつも散りばめてくれている。高級旅館の価格がなぜに一泊五万円以上もするのかと、知りたかった内容がここで無事に解決できたのはとても良かったと思う。なるほど定員稼働率ではなくて客室稼働率だからなのか、と云う具合。
て云うか、客室稼働率が90%を超えるその里山十帖に是非ともいってみたくなった。困ったな、行きたいところだらけだ。~_~;

※里山を創生する「デザイン的思考」  岩佐 十良 (著)
| ブック | 17:32 | comments(2) | -
千駄ヶ谷 鳩ノ森
千駄ヶ谷 HATONOMORI

久しぶりの、建築日和としての呑み会。
去年の四月からメンバーが一人増えて三人体制になったので、意見交換会を兼ねて。
事務所は千駄ヶ谷にあるので、せっかくだから仕事場の近くでお店を探して呑んだ。
お店はまだ比較的新しい『HATONOMORI』に行ってみた。元そば屋だったところだ。
それで、ごはん。綺麗なお店の設えにまったく負けていませんでした。
出てくるもののどれもこれも大変に旨かった。
メンバーが頼んだパクチーサラダは苦手なのでどうにも箸が進まなかったけれども、
タンドリーチキンなどなどの肉系がとても美味しかった。
ここ、お昼はカレーがメインのようだ。折角だからカレーもシェアして食べてみた。
う〜む、明日からお昼にも行ってみようかと思う程にとても好みのカレーでした。
お酒もいろいろと変わり種があってとても興味がそそられた。
明日からここで一杯やってから帰ってもよいな、と思った。気に入ってしまった。
| ショップ | 11:34 | comments(0) | -
レストラン DILL
DILL eat,life.

雨の週末、山の仲間に誘われて、山梨県は北杜市にある「DILL eat,life.」と云うレストランに行ってきた。駐車場に車を入れていると、ちょうど前のお客さんとの入れ替わりでスムーズにお店へ入ることができた。お腹がぺこぺこなお昼時だったから、これはすごくラッキー。人気店だと聞いていたので、待つことを覚悟していたのだったから。
お店は長辺方向へ勾配をもった、大きな切妻屋根の木造の建物でした。外壁は幅広の木をふんだんに使った下見張りで、立地環境にとても似合っていた。これから経年劣化してゆく建物の姿を想像すると、すごく楽しみになる。
さて店内に入ると、屋根の勾配にそった高い天井の客席が見事だった。こんなところで食事をしたいなと云う気分にさせてくれた。それから開放的な厨房もバーカウンターも素晴らしく、二人の店主が作るごはんと二人の人柄を目当てに訪れるお客さんには大変喜ばしい位置関係だと感じました。
基礎や構造体に関連する作業はプロの手を借りたとは云え、こんな繁盛店をほぼご主人が一人でつくりあげたって云うのだから尊敬に値する。多くの人を魅了し、こんなお店をいつかやってみたいなと云う夢を持つ人たちから支持されて人気店になっていったのが垣間見えました。
そうそう、お店の中心にはファイヤーサイド社のイントレピッド2の薪ストーブが置いてあり、やっぱりこれがすこぶる良い仕事をしていました。料理からの他、じんわりとした温かさがお店からも醸し出ているのです。

DILLのバルサミコチキン定食

肝心のディルのごはんですが、ボクはバルサミコソースのかかったグリルチキンの定食をたべました。食に関するボキャブラリーがいちじるしく乏しいため、ボクが一言で表現するのならば、ありきたりですが、『優しいごはん』でした。今度は新緑の頃に訪れて、外のテラス席で食べてみたい。そよそよとそよ風に吹かれて気持ちよさそうです。
| フード | 14:28 | comments(0) | -
コカゲビール
コカゲビール

やっぱり瓶のビールは美味しい! ―――く感じるのは何故だろうか。~_~;
酒場のメニューに瓶ビールがあればボクはきまってそれを頼むほど瓶ビール好きです。
よくゆく上野立ち飲みカドクラたきおかでも必ず瓶。コップで呑めるのがいい♪

このビールは軽井沢のクラフトビールで、ココノホップのコカゲビールと云うもの。
ココノホップは、ヤッホーブルーイングにいた方が立ち上げた新しいビール会社との事。
ヤッホーブルーイングにはボクも大好きなインドの青鬼などがあるところです。
そんなところにいた人のつくるビールが美味しくないはずが無い。これが矢張り旨い♪
ただクラフトビールだから仕方がないのかも知れないけれど、ちょっと値段が高い。
あと100円ほど安けりゃ、たまに呑む贅沢なビールじゃなくなるんだけどな。(´ε`;)
| ドリンク | 12:57 | comments(0) | -
あけましておめでとうございます
2016XmasNewYearカード

↑お雑煮を食らう。 2016年、あけましておめでとうございます。
酉年(2005年)に設立した我が建築日和もあともう少しで一回り(十二支)。
本年も建築日和をお引き立て下さいますよう、なにとぞよろしくお願い致します。

鼠 (ね) 牛 (うし) 虎 (とら) 兎 (う) 竜 (たつ) 蛇 (み)
馬 (うま) 羊 (ひつじ) 猿 (さる) 鶏 (とり) 犬 (いぬ) 猪 (い)
| イベント | 00:44 | comments(0) | -
Happy Christmas 2015
金時山頂からメリークリスマス
秀峰・金時山からみた、霊峰・富士山。

建築日和からMerry Christmas. 
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませね。
今年も残りあとわずか、笑顔いっぱいでお過ごしくださいませね。
| イベント | 09:15 | comments(0) | -
ブルーブラック
ブルーブラックのフリクションペン

スケッチもメモ書きも以前までは万年筆を使って、
しかもブルーブラックのインクを好んで使っていたんだけれども、
これが現れてからはもうずっとこの二つに首ったけ。なんせ消せるんです。
0.7ミリのフリクションのボールペンとフリクションのサインペン
どちらも色はブルーブラックでとても渋くて美しい。
今のところこれがボクにとって最強で最適な組み合わせです。
このブルーブラックのフリクションペン、
もっと色々なところにたくさん置いて欲しい。
大きなお店じゃないと買えなかったりするのがちょっと玉に瑕。
| アイテム | 07:47 | comments(7) | -
| 1/299pages | >>
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE